Genius(ジーニアス)とは、オープンソースの数値計算環境およびプログラミング言語です。「BC」「Matlab」「Maple」「Mathematica」などのように利用できる汎用計算プログラムで、計算集約的なタスクではなく数学的実験を目的として開発されており、「研究用途」または「教育ツール」としても活用できます。

オープンソースの言語/Geniusとは

Genius(ジーニアス)とは、オープンソースの数値計算環境およびプログラミング言語です。「BC」「Matlab」「Maple」「Mathematica」などのように利用できる汎用計算プログラムで、計算集約的なタスクではなく数学的実験を目的として開発されており、「研究用途」または「教育ツール」としても活用できます。

概要

Genius(ジーニアス)とは、オープンソースの数値計算環境およびプログラミング言語です。

基本説明

Genius(Genius Mathematics Tool)は、「BC」「Matlab」「Maple」「Mathematica」などのように利用できる汎用計算プログラムです。

計算集約的なタスクではなく数学的実験を目的として開発されており、「研究用途」または「教育ツール」としても活用できます。

主要開発元

Geniusは、Jiri Lebl氏が中心となり開発が進められています。

経緯

・2007年:初版リリース

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→jirka.org →Genius(Genius Mathematics Tool and the GEL Language)

■ライセンス情報

Geniusのライセンスは「GNU General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Genius

■動作環境

GeniusはUNIXまたはLinuxタイプのコンピュータで動作します。

→Genius →Requirements

■ダウンロード

→Genius →Download

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「GNU Scientific Library」など。

Genius最新TOPICS

最新情報はありません。

Genius最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料公開中

暗号通貨 NEM 共同創業者が仕掛ける、スマートコントラクト基盤「TomoChain」とは?

人材不足を克服しビジネスを拡大させた、住宅メーカーの事例 ~ベトナム人材の活用(オフショア開発/採用支援/現地法人設立)~

ひとり情シス(兼任情シス)の実態と、Google提唱の「SRE」による問題解決

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter