PuTTY(パティ)とは、リモートログオンターミナルクライアントソフトです。ネットワークプロトコル「SSH」「Telnet」「rlogin」に対応しており、人気が高く世界的に利用されているソフトウェアです。「リモートサーバへのファイル転送」「公開キー認証に対するユーザー制御」などの機能も提供します。

オープンソースのPuTTYとは

PuTTY(パティ)とは、リモートログオンターミナルクライアントソフトです。ネットワークプロトコル「SSH」「Telnet」「rlogin」に対応しており、人気が高く世界的に利用されているソフトウェアです。「リモートサーバへのファイル転送」「公開キー認証に対するユーザー制御」などの機能も提供します。

■関連する比較ページ

概要

PuTTY(パティ)とは、リモートログオンターミナルクライアントソフトです。ネットワークプロトコル「SSH」「Telnet」「rlogin」に対応しており、人気が高く世界的に利用されているソフトウェアです。

基本説明

Puttyは、SSHプロトコルを利用可能なリモートサーバ接続用クライントソフトです。

WindowsマシンでPuTTYを実行し、Linuxマシンなどに接続できます。PuTTYウィンドウに入力されたコマンドはリモートサーバに送られ、リモートサーバから結果が表示されます。

また、「リモートサーバへのファイル転送」「公開キー認証に対するユーザー制御」などの機能も提供します。

主要開発元

PuTTYはSimon Tatham氏を中心とするイギリスのケンブリッジに拠点を置く小さなチームによって維持されています。

→Simon Tatham's Home Page

→PuTTY →PuTTY Team Members

経緯

日本では、Windows用ターミナルとして主に「Tera Term」が利用されていましたが、SSH2に対応していた「PuTTY」がシェアを伸ばした経緯があります。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→chiark.greenend.org.uk →putty

■ライセンス情報

PuTTYのライセンスは「the MIT licence」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→PuTTY →PuTTY Licence

■ダウンロード

PuTTYは「Windows」および「UNIX」のパッケージバージョンを提供しています。

→PuTTY →Download PuTTY: latest release

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Windows Terminal」「Tera Term」など。

PuTTY最新TOPICS

最新情報はありません。

PuTTY最新CLOSEUPコラム

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter