Azureポータルとは、Azureの統合コンソールです。さまざまなクラウド機能について構築/管理/監視を行えます。デプロイ管理機能も統合されている点が特徴です。

Microsoft Azure/Azureポータルとは

Azureポータルとは、Azureの統合コンソールです。さまざまなクラウド機能について構築/管理/監視を行えます。デプロイ管理機能も統合されている点が特徴です。

概要

Azureポータルとは、Azureの統合コンソールです。さまざまなクラウド機能について構築/管理/監視を行えます。デプロイ管理機能も統合されている点が特徴です。

基本情報

プラットフォーム Azure
クラウドサービス名 Azureポータル
読み方 アジュール ポータル
略称 ---

基本説明

Azureポータルは、各種クラウド機能(Webアプリ、データベース、仮想マシン、仮想ネットワーク、ストレージなど)について統合的管理が可能です。

経緯

2015年12月に、新版「Azureポータル」が正式リリースされました。

以前の管理ポータルは「Azureクラシックポータル」という名称になり、切り替えて使用できます。

TOPに戻る

主な特徴

カスタマイズ性

Azureポータルは、ユーザー自身によるカスタマイズが可能です。

頻繁に使用する機能は、タイルとして「ピン留め」できます。

右クリックによるコンテキストメニューを使用して、タイルなどのカスタマイズも行えます。

デプロイ管理機能

Azureポータルは、「デプロイ管理用システムGUIの一部統合」が大きな特徴です。複数の管理用ページに遷移せずに、デプロイまで行えるようになっています。

DevOpsの「開発(コード作成、ビルド、テスト、展開など)」と「運用(展開、モニタリングなど)」について、統合的に扱い管理できます。アプリケーションライフサイクル管理ソリューションとして機能します。

ロールベースアクセスコントール

個人/グループに対して、詳細なアクセス権限設定を行えます。

インシデント管理

セルフサービス方式でチケットを発行して、インシデント記録を行えます。

サポートが必要な場合、1回のクリックで必要なサポートを受けられます。

スタートメニュー

Azureポータルの「スタートメニュー」として用意されている主な機能です。
1.各サービスの管理画面参照
2.サービス正常性確認
3.Marketplaceリンク
4.課金状況参照
5.ヘルプ、サポート
6.ツアー(ポータルの利用手順紹介)
7.ポータルに関する新着情報
8.ポータル設定(カスタマイズ)
9.Microsoftへのフィードバック
10. Azureクラシックポータル切り替え

ハブメニュー

Azureポータルの「ハブメニュー」として用意されている主な機能です。
1.新規(リソース作成など)
2.ホーム(スタートメニューの画面に戻る)
3.すべて参照(サービス参照)
4.通知(警告/通知などを表示)
5.アクティブ(ポータルの動作/操作履歴)
6. 課金(課金情報参照)

サービス管理API「Azureリソースマネージャー(ARM)」

依存関係にあるリソースを「リソースマネージャー」という単位でまとめてデプロイ/管理/監視できます。

Azureテンプレート

Azureテンプレートとは、「ある目的を達成するために必要となる関連リソースをまとめて作れるように定義したもの」です。

ユーザーによるカスタマイズも可能です。

「Visual Studio Online」連携

Webブラウザ上でのコード編集機能が可能です。

「Visual Studio Online」チームプロジェクト連携

「自動ビルドの実行ログ参照」「コミット履歴把握」「ワークアイテム状況確認」などを行えます。

監視/診断機能

各種モニタリング/分析情報をグラフィカルに表示できます。

閾値設定によるアラートメール送信も可能です。

分析機能「Application Insights」

Webアプリケーションにコードを埋め込み、簡単に、エンドユーザー分析を行えます。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「AWS マネジメントコンソール」など

TOPに戻る

参考元サイト

・Azure →Microsoft Azure ポータル
・ナレコムazureレシピ →3分で分かるAZUREポータル
・Build Insider →Microsoft Azure最新機能(2014年5月) →Microsoft Azureプレビュー・ポータルの機能とは?
・@IT →Microsoft Azure最新機能フォローアップ →正式版となった「Azureポータル」では何が変わる?

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Azureポータル最新TOPICS

最新情報はありません。

Azureポータル最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter