App Cloudとは、Salesforceのアプリケーション開発プラットフォームです。アプリ開発/実行/管理/最適化の各種機能を提供します。

Salesforce/App Cloudとは

App Cloudとは、Salesforceのアプリケーション開発プラットフォームです。アプリ開発/実行/管理/最適化の各種機能を提供します。

概要

App Cloudとは、Salesforceのアプリケーション開発プラットフォームです。アプリ開発/実行/管理/最適化の各種機能を提供します。

基本情報

プラットフォーム Salesforce
クラウドサービス名 App Cloud
読み方 アップ クラウド
略称 ---

基本説明

App Cloudは「アプリ開発」「ビジネスプロセス自動化」「外部データ連携」「ID管理」「セキュリティ管理」などの機能を提供します。

TOPに戻る

主な特徴

クラウドアプリケーションプラットフォーム

App Cloudはクラウドアプリケーションプラットフォームを提供します。堅牢で安全なアーキテクチャに基づいて構築されています。インフラストラクチャの保守作業は必要ありません。

アプリケーションの開発/テスト/導入は、共有インフラストラクチャ上で行われます。アプリケーションの自動アップグレードも可能です。

開発ツール「Lightning Builder」

「Lightning Builder」は、マウス操作でアプリケーションを高速開発できるツールです。各部門の必要に応じたアプリケーションを迅速に開発できます。

次のような特徴があります。
・MVC(Model-View-Controller)
・ステートフル
・オープン多層型フレームワーク
・定義済みUIコンポーネント
・カスタムコンポーネント作成
・イベント駆動型アーキテクチャ
・マイクロサービス

データモデル管理ツール「Lightning Schema Builder」

データモデルの視覚化と拡張を行うスキーマ管理ツールです。コーディングは必要なくマウス操作で行えます。

「カスタムオブジェクト」「フィールド」「フィールド値」「リレーション(参照関係/主従関係)」などの管理を行えます。

外部データ接続「Lightning Connect」

「Lightning Connect」は、外部データソースにアクセスする機能です。

API経由で「各種クラウドサービスデータ」「レガシーシステムデータ(SAP、Oracle、SQLServerなど)」にアクセスし、リアルタイムでSalesforceアプリケーションオブジェクトに統合できます。

「REST API経由でのSalesforceデータへのアクセス」や「SOAP API経由でのアプリケーション/デバイス連携」も可能です。

ビジネスプロセス自動化ツール「Lightning Process Builder」

「Lightning Process Builder」は、簡単なマウス操作で複雑なビジネスプロセスを自動化するツールです。

すべてのプロセスを視覚的に一括表示し、プロセス間のフローを設定することで、ワークフローを作成できます。

IDソリューション「Salesforce Identity」

「Salesforce Identity」は、ユーザーID管理ソリューションです。IDの一元管理を行います。

各種ディレクトリサービス(Active Directoryなど)との連携も可能です。

セキュリティ「Salesforce Shield」

「Salesforce Shield」は、アプリケーションの信頼性を保持するためのツールです。

「プラットフォーム暗号化」「イベントモニタリング」「項目監査証跡」などを行えます。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「AWS Mobile」、Azure「App Service」など

TOPに戻る

導入事例

オフィシャルサイトで導入事例が紹介されています。
→Salesforce →Salesforce お客様事例(その他:プラットフォーム)

TOPに戻る

参考元サイト

・Salesforce →App Cloud

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

App Cloud最新TOPICS

最新情報はありません。

App Cloud最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter