Azure Table Storageとは、NoSQLの構造化データをクラウド内に格納するマネージドサービスです。大規模な半構造化データセットを使用して迅速な開発を行うためのNoSQLキーバリューストアサービスです。

Microsoft Azure/Azure Table Storageとは

Azure Table Storageとは、NoSQLの構造化データをクラウド内に格納するマネージドサービスです。大規模な半構造化データセットを使用して迅速な開発を行うためのNoSQLキーバリューストアサービスです。

「Azure Table Storage」基本情報

概要

Azure Table Storageとは、NoSQLの構造化データをクラウド内に格納するマネージドサービスです。大規模な半構造化データセットを使用して迅速な開発を行うためのNoSQLキーバリューストアサービスです。

基本データ

プラットフォーム Azure
クラウドサービス名 Azure Table Storage
読み方 アジュール テーブル ストレージ
略称 ---

基本説明

Azure Table Storageは大量の構造化データを格納するサービスです。リレーショナルデータベースの「テーブル」とは構造が異なり、クラウドで広く利用されている「分散Key-Valueストア」です。

Azureクラウドの内部/外部からの認証済アクセスに対してストレージサービスを提供します。

TOPに戻る

主な特徴

テーブル形式

Azure Table Storageでは、名前が示すとおりにデータ格納のためにテーブル形式を使用します。

各エンティティは、「それ自体を一意に識別するためのキーのペア」と「Tableサービスがエンティティの最終更新日時をトラッキングするためのタイムスタンプ列」を持ちます。

スキーマレス

Table Storageはスキーマがないため、テーブル内にはスキーマレスデザインの「Key-Valueストア」を格納します。

特定スキーマにデータモデルが制限されることがないため、アプリケーションの進化のニーズに合わせてデータを容易に修正できるクラウドアプリケーションを構築できます。

同一テーブル内に、行によって異なる構造を持たせることが可能です。たとえば、ある行には「注文情報」を格納し、別のある行には「顧客情報」を格納できます。

ペタバイト規模に対応

Azure Table Storageには、ペタバイト規模の半構造化データを低価格で保存できます。

スケーリング

Table Storageでは、テーブル内のデータ量が増加するとスケールアップされます。

手動でのシャーディング(データセットを複数サーバに分散させる処理)は必要ありません。

オンラインのままで、アプリケーションとテーブルスキーマを拡張できます。

整合性モデル

Table Storageには、強力な整合性モデルが導入されています。

データが挿入(更新)された後に、そのデータにアクセスすると最新状態のデータを取得できます。

可用性

Table Storageはgeo冗長ストレージが使用しており、99.9%のSLAが提供されます。

クライアントライブラリ

Azure Storageには、多くのクライアントライブラリが多数備わっており、高度なクエリ機能などを使用できます。

  • .NET
  • Java
  • Android
  • C++
  • Node.js
  • PHP
  • Ruby
  • Python など
API

Table Storage内のデータに対して、REST APIでのアクセスが可能です。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon DynamoDB」、Google Cloud Platform「Cloud Bigtable」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→Azure →Table Storage

料金情報
→Azure →Azure Storage 料金

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Azure Table Storage最新TOPICS

最新情報はありません。

Azure Table Storage最新CLOSEUPコラム

  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter