「Inkscape」はオープンフォーマット「SVG」準拠として、「オープンフォーマットSVGとは」「XMLベース」「2次元グラフィック記述言語」「ベクターグラフィックアニメーション」「Web対応」「SVGオーサリングツール」について紹介します。

「Inkscape」はオープンフォーマット「SVG」準拠

「Inkscape」はオープンフォーマット「SVG」準拠として、「オープンフォーマットSVGとは」「XMLベース」「2次元グラフィック記述言語」「ベクターグラフィックアニメーション」「Web対応」「SVGオーサリングツール」について紹介します。

■関連する比較ページ

「Inkscape」はオープンフォーマット「SVG」準拠

Inkscapeは、W3C(World Wide Web Consortium)のXMLベースオープン規格「SVG (Scalable Vector Graphics)」をネイティブフォーマットとして採用し、オープン標準完全準拠を目標としています。

■オープンフォーマット「SVG」とは

「SVG(Scalable Vector Graphics)」は、オープンスタンダードの2次元グラフィックス用グラフィックスマークアップ標準規格です。

→W3C →SCALABLE VECTOR GRAPHICS (SVG)

■XMLベース

SVGイメージとその動作は、XMLテキストファイルで定義されます。

XMLベースであるため、テキストエディタや描画ソフトウェアで作成/編集できます。また、検索/索引付け/スクリプト化/圧縮にも対応します。

■2次元グラフィック記述言語

SVGは、XMLで2次元グラフィックを記述するための言語です。

「ベクトルグラフィックシェイプ(直線や曲線からなるパスなど)」「イメージ」「テキスト」の3種類のグラフィカルオブジェクトを扱えます。

グラフィカルオブジェクトは、すでにレンダリングされているオブジェクトに対して、グループ化/変換/合成などを行えます。

「テキスト」グラフィカルオブジェクトは、アプリケーションに適した任意のXML名前空間に置くことができ、SVGグラフィックスの検索可能性とアクセシビリティを向上させます。

■ベクターグラフィックアニメーション

SVG図面にインタラクティブ性とアニメーションを付加できます。

SVGのDOM(Document Object Model)は、スクリプトを使用した簡単で効率的なベクターグラフィックアニメーションを可能にします。

豊富なイベントハンドラ(onmouseoverやonclickなど)は、任意のSVGグラフィカルオブジェクトに割り当てられます。

■Web対応

SVGは、主要ブラウザでサポートされています。

HTMLとの親和性も高いため、ハイパーリンクを埋め込んだり、JavaScriptなどとの連携も可能です。

SVG要素や他のXML要素は、同一Webページ内で異なる名前空間から同時にスクリプト化できるなど、他のWeb標準との連携活用が可能です。

■SVGオーサリングツール

多くのSVGオーサリングツールがあり、SVGへのエクスポートはすべての主要なベクトルグラフィックスオーサリングツールでサポートされています。

Inkscape最新TOPICS

最新情報はありません。

Inkscape最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter