【OSS】クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォーム「Xamarin」vs「React Native」優位性比較

【OSS】クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォーム「Xamarin」vs「React Native」優位性比較

OSS×クラウド最新TOPICS 2018年10月3日 14:40

【OSS】クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォーム「Xamarin」vs「React Native」優位性比較

クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォームである「Xamarin」と「React Native」のそれぞれの優位性について解説。

Xamarinとは

Xamarinは、2011年5月にリリースされ、後にMicrosoftによって買収された。Forbesによると、既存の500社のうち20%以上が利用している。

→Microsoft →Visual Studio Tools for Xamarin

(参考)→OSSxCloudNews →オープンソースのフレームワーク/Xamarinとは

React Nativeとは

React NativeはFacebookによって2015年にリリースされた。

JavaScriptを利用したネイティブモバイルアプリケーション開発機能を強みとしている。

→GitHub →Facebook →React Native

「Xamarin」vs「React Native」優位性比較

開発環境(Xamarin優勢)

Xamarinは柔軟なクロスプラットフォーム開発環境を提供している。

フレームワーク機能(Xamarin優勢)

XamarinはMVVM(Model View ViewModel)スタイルで動作する。

ドキュメンテーション(React Native優勢)

React Nativeのドキュメンテーションは高度に整備されており、すべてのコンポーネントを適切に見つけ出すことができる。

コミュニティアシスタンス(同等)

両方のフレームワークは、業界において長期的に明確な利点を持っている。

テスト/再コンパイル機能(同等)

どちらのフレームワークも同様に優れている。

既存技術活用性(React Native優勢)

React NativeはJavaScriptフレームワークであるため、Web開発者は現在のJavaScriptの専門知識をモバイルアプリケーションの構築に使用できる。

どちらを選択するべきか?

どちらのプラットフォームも素晴らしい実績と堅牢なアプリケーションを提供している。

しかし、プロジェクトそれぞれで求める機能は異なるため、「使用可能なスキルセット」「開発環境」「コスト」「プロジェクト要件」などに応じて、より適切な開発プラットフォームを検討する必要がある。

以上、下記URLからの要約
https://opensourceforu.com/2018/10/xamarin-vs-react-native-which-one-is-better/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

関連オープンソース

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter