「PuTTY」のファイル転送機能として、「①PSCP」「②PSFTP」について紹介。

「PuTTY」のファイル転送機能

「PuTTY」のファイル転送機能として、「①PSCP」「②PSFTP」について紹介。

■関連する比較ページ

PuTTYのファイル転送機能には「PSCP」と「PSFTP」の2種類があります。

①PSCP

■概要

「PSCP(PuTTY Secure Copy)」は、SSH接続を使用してコンピュータ間でファイルを安全に転送するためのコマンドラインアプリケーションです。

→PuTTY →doc →Chapter 5: Using PSCP to transfer files securely

■主な特徴

SFTPプロトコルを優先使用

SSHで利用できるファイル転送プロトコルとして「SCP」と「SFTP」の2種類があります。

PSCPはこれらのプロトコルのいずれかを使用できます。

PSCPは、まず、「SFTP」プロトコルの使用を試みます。「SFTP」が利用できない場合にのみ「SCP」を使用します。

公開鍵認証対応

PSCPはパスワードの代わりに公開鍵を使用して認証できます。

■主な機能

ディレクトリ構造全体コピー機能

PSCPは、デフォルト動作として、ファイルのみをコピーします。
コピー対象にディレクトリが含まれている場合は、対象ディレクトリはすべてスキップされ、対象ディレクトリ以下のファイルもスキップされます。

PSCPに「-rオプション」を指定すると、マシン間でディレクトリ構造全体を転送できます。

バッチ処理機能

「-batchオプション」を使用すると、PSCPは接続の確立中に対話型プロンプトを表示しません。

この機能は、自動化スクリプトを実行する場合に役立ちます。

「サーバのホスト鍵が無効」などの問題が発生した場合は、バッチジョブは失敗状態となります。

②PSFTP

■概要

「PSFTP(PuTTY SFTP)」は、SSH接続を使用してコンピュータ間でファイルを安全に転送する機能です。

→PuTTY →doc →Chapter 6: Using PSFTP to transfer files securely

「SSH-2(SFTP)」のみ

PSCPは「SSH-1(SCP)」と「SSH-2(SFTP)」の両方を使用できますが、PSFTPは「SSH-2(SFTP)」のみを利用します。

■主な特徴

インタラクティブなファイル転送セッション実行

PSFTPを使用すると、Windowsと同じようにインタラクティブなファイル転送セッションを実行できます。

「ディレクトリの内容を一覧表示」「ファイルシステム内ブラウズ」「複数のコマンド発行」「ログアウト」などを実行できます。

ローカルのWindowsコマンドも実行できます。

エラー発生時のバッチ処理続行

バッチファイル実行時にコマンドが正常に完了しなかった場合でも処理を続行させるオプションを利用できます。

公開鍵認証対応

PSFTPもパスワードの代わりに公開鍵を使用して認証できます。

■主な機能

複数ファイル取得(送信)機能

「mgetコマンド」「mputコマンド」で、複数ファイルの同時操作を実行できます。

ファイル転送再開機能

ファイル転送が途中で失敗した場合、失敗したところからファイル転送を再開できます。

リモートファイル権限変更機能

UNIXの「chmodコマンド」と非常によく似た動作をする「chmodコマンド」で、サーバ上のファイルおよびディレクトリに対するファイルのアクセス許可を変更できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

PuTTY最新TOPICS

最新情報はありません。

PuTTY最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

運用確認用テストセミナー

人材不足を克服しビジネスを拡大させた、住宅メーカーの事例 ~ベトナム人材の活用(オフショア開発/採用支援/現地法人設立)~

暗号通貨 NEM 共同創業者が仕掛ける、スマートコントラクト基盤「TomoChain」とは?

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter