「Jetty」のアーキテクチャとして、「コネクタおよびハンドラの調整」「サーブレットAPI」「サーブレットなしのJettyサーバ構築」「さまざまなコンポーネント構成を実現」について紹介。

「Jetty」のアーキテクチャ

「Jetty」のアーキテクチャとして、「コネクタおよびハンドラの調整」「サーブレットAPI」「サーブレットなしのJettyサーバ構築」「さまざまなコンポーネント構成を実現」について紹介。

コネクタおよびハンドラの調整

Jettyサーバは、「接続を受け付けるコネクタの集まり」と「接続からのリクエストを処理してレスポンスを生成するハンドラの集まり」との間の配管部分として機能するもので、スレッドプールからのスレッドが処理を実行します。

サーブレットAPI

Jettyの要求/応答はサーブレットAPIから派生していますが、サーブレットAPIの全機能は適切なハンドラを設定した場合にのみ利用可能です。

リクエストのセッションAPIはリクエストが渡されない限り非アクティブセッションハンドラです。

サーブレットなしのJettyサーバ構築

サーブレット自体の概念は、サーブレットハンドラによって実装されています。

サーブレットが必要ない場合は、サーブレット要求/応答APIの使用によるオーバーヘッドはほとんどありません。

したがって、サーブレットを使用せずに、コネクタとハンドラのみを使用してJettyサーバを構築できます。

さまざまなコンポーネント構成を実現

Jettyは「コネクタとハンドラのツリー構築」および「個々の設定」に関する機能を提供します。

Jettyコンポーネントは単純なPOJO(Plain Old Java Object)であるため、さまざまな方法でコンポーネント構成を実現できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Jetty最新TOPICS

最新情報はありません。

Jetty最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

今改めて考える、社内ネットワークからAWSへの接続方法 ~閉域接続サービスはどう選ぶべきか、AzureやOracleなどマルチクラウドの接続は?~

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?(AWSか?プライベートか?)

クラウド型コンタクトセンターサービス Amazon Connectとは ~在宅で、お客様向けの電話窓口を提供する~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter