CLOSE UPコラム - おがさわらなるひこ - | LibreOffice -- 自由なオフィススィートとそれを生み出すコミュニティ --

LibreOffice -- 自由なオフィススィートとそれを生み出すコミュニティ --

CLOSE UPコラム - おがさわらなるひこ -

2013年12月26日
おがさわらなるひこ (naruoga@gmail.com / @naru0ga)

LibreOfficeはOpenOffice.orgの流れをくんだオープンソースのオフィススィートです。この記事ではLibreOfficeの魅力について、ソフトウェア自体とそのコミュニティの両面からご紹介します。

LibreOfficeとは?

LibreOfficeとは、オープンソースのオフィススィートの名前です。オフィススィートというのは、いわゆるワープロとか表計算ソフトとかそういうものを集めたソフトウェアのことですね。平たくいえばMicrosoft Office(以下MS Office)のようなソフトウェアだと思っていただいて間違いではないです(図1)(図2)。LibreOfficeとMS Officeの対応は表1のようになっています。

図1:今開発中のLibreOffice 4.2の起動画面

4.2からは今までと見た目が大きく変わりカッコ良くなった

図2:ワープロソフト「Writer」の画面

操作感はMicrosoft Office 2003に近いが、より使いやすくなっている

表1:LibreOfficeとMS Officeの対応

機能LibreOfficeMS Office
ワープロ Writer Word
表計算 Calc Excel
プレゼン Impress PowerPoint(※1)
図形描画 Draw Visio(※2)
データベース Base Access(※2)
数式 Math 数式エディタ

(※1) Home and Business 以上に収録
(※2) Professionalに収録

オープンソースのオフィススィートというと、「オープンオフィス」という名前を思い浮かべる方も多いかもしれません。皆さんが「オープンオフィス」と呼んでいるソフトウェアは、たいていの場合はOpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ、以下OOo)というソフトウェアを指しています。実はこのソフトウェアは今はすでに存在しません。そして、LibreOfficeはOOoを親に持つソフトウェアの一つなのです。

OOoの血を受け継ぎながら、LibreOfficeは非常に早く進化を続けており、機能面ではMS Officeに遜色ないところにいます。

LibreOfficeのファイル形式はOpen Document Format(ODF)という形式であり、国際標準として策定されています。この標準は特定の会社によってコントロールされ提案されたものではありません。実際、MS Office 2013やGoogle DriveなどもODFフォーマットの読み込み、書き出しをサポートしています。

LibreOfficeの魅力ってなんだろう?

勘違いしていただきたくないのは、LibreOfficeはMS Officeの「互換品」ではない、独自の魅力を持ったソフトウェアであるということです。

もちろん、MS OfficeとLibreOfficeは機能的に似ているので、ファイル形式を交換する「相互運用性」は重要な機能として考えられています。しかし「完全互換」は不可能であり、それを目標にもしていない、ということは理解しておきたいです。

ではLibreOfficeの魅力とはなんでしょうか?

マルチプラットフォームはLibreOfficeの大きな魅力で、Windows、Mac OS X、そしてLinuxで自由に利用することができます。ゆくゆくはクラウド版やタブレット版のリリースも予定されています。

図形描画ソフトのDrawは、レイヤー機能などを持つ本格的なドローソフトでありながら、WriterやCalc、Impressの描画機能に非常に近い使い勝手を持っており、独特の操作感があるVisioより使いやすいものになっています。

また、LibreOfficeのPDF書き出し機能はPDFへのODFの埋め込みをサポートしており、「PDFビューアーで見ればPDFとして、LibreOfficeで開けばODFとして編集可能」なファイルを作ることが可能です。これらの点はとても魅力的だと思います。

もちろん、オープンソースであることそのものの良さ、例えば再配布の自由(から自然に導かれる無償で使えること)も魅力です。

しかしソフトウェア自体の魅力より、もうひとつ魅力として知っていただきたいことがあります。それはLibreOfficeを生み出す「コミュニティ」です。


次のページへ続く

【次ページ】本当の意味で「Libre」なコミュニティ

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

著者プロフィール

おがさわらなるひこ (naruoga@gmail.com / @naru0ga)

LibreOffice日本語チームにて翻訳や広報活動を行う。関東LibreOfficeオフラインミーティング発起人。Ubuntu愛好家でもある。フリーなデスクトップ環境の印刷技術を扱う団体OpenPrintingメンバー。(株)ミライト情報システム所属。

最新TOPICS

【OSS】ファイル同期/共有ソフトウェア「Nextcloud 11」リリース---「ownCloud」からのフォークプロジェクト(2016年12月19日 11:03)

nextcloudは、12月13日(現地時間)、 ファイル同期/共有ソフトウェア「Nextcloud 11」をリリースした。 【Nextcloudとは】 ・オープンソース ・「ownCloud」プロジェクトからフォークしたプロジェクト 【ポイント】 ・セキュリティ関連強化 ・Kerberos認証サポート ・「Content Security Policy(CSP)」「Sam...

関連オープンソース

Nextcloud(ネクストクラウド)

  • ドキュメント管理

Nextcloud(ネクストクラウド)とは、オンラインストレージ機能を提供するサーバソフトウェアです。同様製品である「ownCloud」からフォークしたプロジェクトが主要な開発を行っています。

baserCMS(ベーサーシーエムエス)

  • ポータル/CMS

baserCMS(ベーサーシーエムエス)。「日本人が日本人のために開発している」国産CMS(コンテンツマネージメントシステム)です。CakePHPで実装されており、主にコーポレートサイト向きに設計されています。

Concrete5(コンクリートファイブ)

  • ポータル/CMS

Concrete5(コンクリートファイブ)。ブラウザから直感的にサイトの運営管理が行えるCMSです。人気/シェアともに高まってきている注目のCMSです。

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)

  • ポータル/CMS

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)。CMS製品です。静的出力の仕組みにより比較的安価なサーバで大量のアクセスに対応しやすい特徴があります。

Geeklog(ギークログ)

  • ポータル/CMS

Geeklog(ギークログ)。セキュアなオープンソースCMSです。一般的サイト/グループウェアサイト/高機能ポータルサイトなどを構築できます。日本語版が充実している点が特徴です。

WordPress(ワードプレス)

  • ポータル/CMS

WordPress(ワードプレス)。オープンソースCMS(Contents Management System、コンテンツ管理システム)です。シンプルで直感的な操作性、ユーザビリティの良さ、Web標準設計準拠構造、自由度/拡張性の高さなどを評価され、全世界で多くの人々に利用されている人気のCMSです。

ownCloud(オウンクラウド)

  • ドキュメント管理

ownCloud(オウンクラウド)。専用サーバー環境に構築可能し、セキュアにファイル共有するためのオープンソースのオンラインストレージ。

Aipo(アイポ)

  • グループウェア

Aipo(アイポ)。ウェブブラウザから利用するグループウェア。

Liferay(ライフレイ)

  • ポータル/CMS

liferay(ライフレイ)。オープンソースの企業情報ポータル

Joomla!(ジュームラ)

  • ポータル/CMS

Joomla!(ジュームラ)。サイト構築や運営を、パワフルに、拡張的に、一元的に管理できる特徴を持つCMS(Content Management System、コンテンツ管理)ソリューションです。

Drupal(ドゥルーパル)

  • ポータル/CMS

Drupal(ドルーパル)とは、米ホワイトハウスやNASAにも導入実績があるほどの堅牢なアーキテクチャを誇る、オープンソースCMS(Content Management System)です。

Alfresco(アルフレスコ)

  • ドキュメント管理

Alfresco(アルフレスコ)。世界中で数多くの導入実績を誇る企業向けコンテンツ管理システム。

バックナンバー

関連記事

6

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

facebook

twitter