ADempiere(アデンピエレ)。販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、人事給与管理、財務会計などの高機能ERPパッケージ。

ADempiereとは

ADempiere(アデンピエレ)。販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、人事給与管理、財務会計などの高機能ERPパッケージ。

基本情報

概要

ADempiere(アデンピエレ)は、オープンソースERPパッケージソフトウェアです。

ERPとは、Enterprise Resource Planningの略で、企業におけるヒト・モノ・カネの動きを管理し、コンピュータを利用して情報の分析・統合を行い、経営を支援するためのシステムです。統合業務パッケージとも呼ばれます。

ADempiereという製品名には、イタリア語で「実行する」や「完成させる」や「到達する」などの意味が含まれています。

開発の経緯として、2006年に、同様なオープンソースERPである「Compiere(コンピエール)」から分岐して、プロジェクトが立ち上がりました。

また、後継製品として、「iDempiere(アイデンピエレ)」が開発されています。iDempiereは、ADempiereの機能に加え、各種新機能が追加されていて、近年、世界で最も高機能なオープンソースERPのひとつとして注目されています。

TOPに戻る

主な機能

ADempiereの主な業務領域
統合業務管理:Enterprise Resource Planning (ERP)
企業間供給管理:Supply Chain Management (SCM)
顧客情報管理:Customer Relationship Management (CRM)
財務成績分析:Financial Performance Analysis
販売時点情報管理:Integrated Point of sale (POS) solution
ウェブ店舗:Integrated Web Store

ADempiereの主な機能
取引先管理
購買管理
販売管理
製品管理
在庫管理
財務会計

TOPに戻る

主な特徴

【ERPパッケージ(統合業務パッケージ)】
販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、固定資産管理、人事給与管理、財務会計などの、各サブシステムを別個に開発して連携させるようなことをした場合、
 ・データの整合性が合わない
 ・同じデータを複数箇所で登録しなければならない
 ・管理やメンテナンスが煩雑になる
などの問題が発生することがあります。

しかし、ADempiereは、ERPパッケージであるため、各サブシステム同士で自動的に相互に連携連動する機能が、最初から内蔵されているため、上記のような問題が発生する可能性を、圧倒的に少なくすることができます。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

以下の製品が、同様な機能を提供しています。

商用ソフトウェア製品:SAP ERP、Oracle ERP Cloud、Microsoft Dynamicsなど

オープンソース製品:Compiere、iDempiereなど

TOPに戻る

導入事例

オープンソースERPパッケージとして、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな業種業態で、特に製造業やECサイトなど、幅広く導入されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

ライセンスは、「GNU General Public License Version2(GPL v2)」となっています。個人・企業を問わず、ライセンス費用はかからず、無償で利用でき、GPLの条件下で、ダウンロード、利用、ソースの改変、配布することも可能です。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

ADempiere最新TOPICS

ERPの導入コストを1/3に!世界で3,000社に導入されているオープンソースERP「Compiere」の国内導入事例を3社一挙公開(2015年10月22日 09:30)

10月28日(水)オープンソースの「Compiere」 国内導入事例を紹介するセミナーを開催します。 【対象】中堅企業、従業員100~1,000名程の企業さま。 Compiereは、「オープンソースなのでカスタマイズし易い」というメリットに加え、画面や帳票の作成、DBへの項目追加が簡単に行えるため、短期間でのカスタマイズが可能です。 すぐに動くパッケージを使いつつ、必要な部分だけカスタマイズして、...

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter