Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高度に集中監視し、アラート通知/パフォーマンス可視化などを行えます。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Zabbixとは

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高度に集中監視し、アラート通知/パフォーマンス可視化などを行えます。

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高度に集中監視し、アラート通知/パフォーマンス可視化などを行えます。

目次

「Zabbix」基本情報

  • 概要
  • 主な特徴
  • 同様製品
  • 導入事例
  • ライセンス情報
  • ダウンロード
  • 参考元サイト

「Zabbix」参考情報---①Zabbixの環境別インストール

  • 日本Zabbixユーザー会 Zabbixインストールドキュメント
  • 【Linux(CentOS 7)編】Zabbix 3.0のインストール
  • 【Linux(Ubuntu)編】Zabbix 3.2のインストール
  • 【Mac編】Zabbix 3.2のインストール

「Zabbix」参考情報---②Zabbix Agent(エージェント)

  • 「Zabbix Agent」とは
  • オフィシャルサイト「Zabbixエージェント」ドキュメント
  • 【ZabbixAgentインストール】Linux(CentOS)編
  • 【ZabbixAgentインストール】Windows Server編
  • 【ZabbixAgentインストール】Mac編
  • 【ZabbixAgentインストール】AWS(Amazon Linux)編
  • 【ZabbixAgent設定】Zabbixサーバ+Zabbixエージェントの設定項目

「Zabbix」参考情報---③ZabbixAPIの使い方

  • オフィシャルドキュメント「Zabbix API」
  • 「ZabbixAPIの仕組み」と「最小限にZabbix APIを利用する実装方法」
  • PHP言語による「PhpZabbixApi」を用いた「Zabbix API」の使用方法(入門編)
  • ケース別APIサンプルコード
  • PHPから「Zabbix API」を使用して監視ホスト一覧を取得する方法
  • 「Zabbix API」+Rパッケージ「twitter-anomalydetection」での異常値分析検証

「Zabbix」参考情報---④ZabbixのSNMP設定

  • 「SNMP」とは
  • 「Zabbix Server」でのSNMP対応ネットワーク機器に対する監視設定方法
  • 「Ubuntu 16.04 LTS」での「SNMP Agent」構築手順
  • Zabbix(SNMP)でIBM「AS400」を監視するための手順
  • Zabbix用オフィシャツツール「Zabbix用SNMPトラップフォーマッタ」

「Zabbix」参考情報---⑤Zabbix Proxy(プロキシ)

  • 「Zabbix Proxy」とは
  • 「Zabbix Proxy」セットアップの勘所
  • 【ZabbixProxyセットアップ】CentOS編
  • 【ZabbixProxyセットアップ】AWS上のCentOS7で動くZabbixに「Zabbix Proxy」を追加
  • 【ZabbixProxyセットアップ】Ansibleでの構築

TOPに戻る

「Zabbix」基本情報

概要

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高度に集中監視し、アラート通知/パフォーマンス可視化などを行えます。

基本説明

Zabbixは、統合監視ツールとして必要な機能を網羅的に搭載しており、監視/障害検知/通知機能などを行います。

多数のプラットフォームに対応可能であるため、システム全体を1つのZabbixで監視できます。

経緯

Zabbixは、ラトビアの企業「Zabbix SIA」により開発されています。
・2004年、安定版バージョン1.0リリース

主な特徴

Zabbixの構成①「Zabbixサーバ」

Zabbixは、大きく3つのモジュールで構成されています。

「Zabbixサーバ」は監視システムの中心となるソフトウェアです。

主な機能
・監視設定
・監視実行
・収集データ保存
・閾値判定
・アラート通知 など

Zabbixの構成②「Zabbixエージェント」

「Zabbixエージェント」は、監視対象サーバ上で動作して、監視情報を収集するモジュールです。

主なポイント
・監視対象サーバへのインストールが必要
・Zabbixサーバからの指示に従い「サーバ内部のリソース情報」「アプリケーションの稼働情報」などを収集
・「CPU」「メモリ」「ネットワーク」「ディスクスペース」「プロセス」などのパフォーマンス指標を収集
・収集した情報をZabbixサーバへ送信
・さまざまなOSに対応
・OSネイティブ動作→軽量で軽快な動作
・独自カスタムスクリプトでの監視機能のカスタマイズが可能

Zabbixの構成③「Webインターフェース」

Webインターフェースで「監視データ表示」と「監視設定」を行えます。

主なポイント
・ブラウザでアクセス可能(専用クライアントソフトウェアのインストールは必要なし)
・スマートフォンやタブレットからでもアクセス可能
・システム全体のステータスを表示するダッシュボード
・高度なグラフ/マップ/レポート表示機能
・ネットワークマップの作成/表示機能

監視機能

「Zabbixエージェント」を監視対象サーバにインストールすれば詳細な監視データを収集できますが、それ以外の監視も可能です。「Zabbixエージェント」をインストールできないネットワーク機器などに対する監視にも対応できます。

利用可能な主な監視手法
・Zabbixエージェント
・SNMPエージェント(v1、v2、v3)
・シンプルチェック(ping死活監視、TCPポート監視)
・データベース監視(ODBCなどを利用)
・ハードウェア監視(IPMIを利用)
・Telnet/SSH経由の監視
・カスタムスクリプトによる監視
・Zabbixサーバ内部ステータス

テンプレート機能

Zabbixでは、各種OS/機器向け設定項目「テンプレート」が多数用意されています。監視対象を登録してテンプレートを選択すれば、すぐに一通りの監視が行えます。

監視データの活用

収集したデータは、「Zabbixサーバ」のRDBMSに保存されます。

Webインターフェースから確認したり、データに対して直接アクセスしての分析なども行えます。

障害通知機能

Zabbixは、柔軟な障害検知用「しきい値」設定が可能です。障害発生時には、リアルタイムで、管理者への通知を行えます。

主な障害通知方法
・メール送信
・SMS送信
・カスタムスクリプト実行(チケット管理システム連携、エスカレーション対応) など

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Hinemos」「Nagios」など。

導入事例

オフィシャルサイトで事例が紹介されています。
→Zabbix →導入事例

ライセンス情報

Zabbixのライセンスは「GNU General Public License (GPL) v2」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Zabbix →ライセンス

ダウンロード

→Zabbix →ダウンロード

参考元サイト

・「Zabbix」オフィシャルサイト
・日本Zabbixユーザー会 →Zabbixとは
・MIRACLE LINUX →Zabbix とは?
・さくらのナレッジ →統合監視ツール「Zabbix」によるサーバー監視
・アシスト →Zabbix

TOPに戻る

「Zabbix」参考情報---①Zabbixの環境別インストール

Zabbixインストールに関する情報についてまとめられているサイトを紹介します。

日本Zabbixユーザー会 Zabbixインストールドキュメント

ポイント

日本Zabbixユーザー会のドキュメントです。

「yumリポジトリ」「RPMインストール」および「Zabbixのアップグレード」について解説されています。

テーマ
  • ZABBIX-JPのyumリポジトリ利用方法
  • Zabbixのインストール(RPM編)
  • Zabbixのアップグレード
ページリンク

→日本Zabbixユーザー会 →Zabbixのインストール

【Linux(CentOS 7)編】Zabbix 3.0のインストール

ポイント

標準パッケージ構成でも「Zabbix 3.0」の新機能を利用できる「CentOS 7」での環境構築方法について解説されています。

テーマ
  • 注意点
  • システム構成
  • 1.OSのインストール
  • 2.OS再起動
  • 3.firewalldの設定
  • 4.Zabbix LLCのリポジトリ登録
  • 4.Zabbix関連のパッケージインストール
  • 5.MariaDBのインストール
  • 6.初期データベースの作成
  • 7.Zabbixの設定ファイルの更新
  • 8.ZabbixのWebインターフェース用設定修正
  • 9.各種デーモン起動
  • 10.Webインターフェースにアクセス
  • 11.Zabbix serverの監視を有効に設定
  • 12.SELinuxの制限解除
  • 13.Zabbixサーバー自体の監視開始
  • 最後に
ページリンク

→Qiita →Zabbix 3.0をCentOS 7にインストール

【Linux(Ubuntu)編】Zabbix 3.2のインストール

ポイント

「Ubuntu 16.04 LTS / 64bit」に「Zabbix 3.2」をインストールする手順についてまとめられています。

テーマ
  • Zabbix公式
  • Zabbix Server セットアップ手順
  • →[Option] 日本語化対応
  • →Zabbixのリポジトリの設定
  • →Zabbix(PostgreSQL)向けパッケージのインストール
  • →依存パッケージのインストール
  • →zabbix 用のDBの作成
  • →作成したDBの初期化
  • →/etc/zabbix/zabbix_server.conf の変更
  • →zabbixのサービスの起動
  • →/etc/zabbix/apache.conf の date.timezone を変更する
  • →apacheのサービスの再起動
  • →サービスの起動確認
  • →[Option] WebUIの日本語化
  • Zabbix Agentの設定
  • Zabbix Server自身の設定(Ubuntu)
  • →Linux
  • →→Ubuntu
  • →→CentOS
  • →Windows
  • →→パッケージ
  • →→設定手順(公式)
  • 参考
ページリンク

→Qiita →[Zabbix 3.2][Ubuntu 16.04] Zabbix環境構築手順まとめ

【Mac編】Zabbix 3.2のインストール

ポイント

「OS X EI Captian (10.11.6)」に「Zabbix 3.2.1」をインストールする方法についてまとめられています。

homebrewではなくソースから入れています。

テーマ
  • 環境
  • Macの設定
  • Zabbixインストール
  • データベースの設定
  • Zabbixの設定
  • →Zabbix Agentの設定
  • →Zabbix Serverの設定
  • →起動して確認
  • Zabbix Web UIの設定
  • →PHPの設定
  • →Web UIの起動
  • →グラフの日本語の文字化けを修正する
  • →Mac起動時に常に起動されるように設定する。
  • →→Agent
  • →→Server
  • →→Web UI
  • MySQL Templateの設定
  • →設定ファイルの作成
  • 参考
ページリンク

→Qiita →Mac開発環境も無料で監視出来る!MacにZabbix 3.2をインストールしてOSとMySQLを監視

TOPに戻る

「Zabbix」参考情報---②Zabbix Agent(エージェント)

「Zabbix Agent」に関する情報についてまとめられているサイトを紹介します。

「Zabbix Agent」とは

「Zabbix Agent」は、監視対象ホスト(Linux/UNIX/Windowsなど)にインストールを行うことで、ホストの各種データ(CPU/メモリ/ハードディスク/ネットワークインターフェイスなど)を収集するエージェントソフトウェアです。

オフィシャルサイト「Zabbixエージェント」ドキュメント

ポイント

「Zabbixエージェント」の機能概要について紹介されています。

テーマ
  • 軽量で低リソース
  • ポーリングとトラッピングのサポート
  • エージェントの機能
  • →ネットワーク
  • →CPU
  • →メモリ
  • →ディスク
  • →サービス
  • →ファイル
  • →ログ
  • →その他
  • ログファイル監視
  • WMIのサポート
  • IPv6対応
ページリンク

→ZABBIX →Zabbixエージェント

【ZabbixAgentインストール】Linux(CentOS)編

ポイント

CentOSにZabbixエージェントをインストールして監視するまでの設定方法についてまとめられています。

テーマ
  • Zabbixリポジトリの追加
  • インストール
  • 設定
  • ファイアウォール
  • 監視設定
ページリンク

→Qiita →Zabbixエージェントの設定 (CentOS編)

【ZabbixAgentインストール】Windows Server編

ポイント

「Windows Server 2012」に、Zabbixエージェントをインストールして監視するまでの設定方法についてまとめられています。

テーマ
  • ダウンロード
  • 設定
  • インストール
  • ファイアウォール
  • 監視設定
  • 参考
ページリンク

→Qiita →Zabbixエージェントの設定 (Windows Server編)

【ZabbixAgentインストール】Mac編

ポイント

「Mac OS 10.9.5」にZabbixエージェントをインストールする手順についてまとめられています。

テーマ
  • WEBでzabbixのソースをダウンロード
  • Macサーバに送る
  • macサーバにて解凍〜インストールを行なう
  • Zabbixエージェントの設定を変更
  • Zabbixエージェントを実行
ページリンク

→Jの戯言 →MacにZabbixエージェントを入れる

【ZabbixAgentインストール】AWS(Amazon Linux)編

ポイント

「Amazon Linux」に「Zabbix Agent」をインストールする手順についてまとめられています。

テーマ
  • リポジトリを追加してから zabbix-agent をインストール
  • 設定ファイルを更新
  • zabbix-agentについて起動&自動起動の設定
ページリンク

→Hatena Blog →らくがきちょう →Amazon Linux に Zabbix エージェントをインストールする

【ZabbixAgent設定】Zabbixサーバ+Zabbixエージェントの設定項目

ポイント

Zabbixエージェントを監視対象にインストールした後に行う設定項目について解説されています。

テーマ
  • 監視に必要なパッケージ
  • →zabbix-agent
  • zabbix-agentの設定について
  • →Server
  • →Hostname
  • →ListenIP
  • サーバ側のWEBフロントエンドでの設定
  • →名前
  • →グループ
  • →DNS名
  • →IPアドレス
  • →テンプレート
  • 監視項目ごとの受信データの確認
  • 発報機能について
  • →名前
  • →リカバリメッセージ
  • →アクションのコンディション
  • →アクションのオペレーション
  • 終わりに
ページリンク

→INDETAIL →ZABBIXでサーバ監視するために必要な設定について

TOPに戻る

「Zabbix」参考情報---③ZabbixAPIの使い方

「Zabbix API」を使用して、Zabbixに対してさまざまな操作を行えます。しかし、言語ごとに「Zabbix API ライブラリ」が複数種存在しているなど、使い方が分かりづらい面もあります。

ZabbixAPIの適切な使い方に関する情報についてまとめられているサイトを紹介します。

オフィシャルドキュメント「Zabbix API」

ポイント

Zabbixオフィシャルの「Zabbix API」に関する説明ドキュメントです。

バージョン別の「APIメソッド一覧」も参照できます。

テーマ
  • 容易な相互連携
  • サードパーティーソフトウェア
  • 構成管理
  • データ検索
  • モバイルアプリケーション
  • APIを利用してみましょう
ページリンク

→ZABBIX →Zabbix API

「ZabbixAPIの仕組み」と「最小限にZabbix APIを利用する実装方法」

ポイント

「ZabbixAPIの仕組み」と「最小限にZabbix API を利用する実装方法」などについて解説されています。

テーマ
  • はじめに
  • JSON-RPC 2.0
  • Zabbix API
  • 最小限に Zabbix API を利用する実装
  • まとめ
ページリンク

→Qiita →Zabbix API の仕組みを理解する

PHP言語による「PhpZabbixApi」を用いた「Zabbix API」の使用方法(入門編)

ポイント

「PhpZabbixApi」を用いたPHP言語による「Zabbix API」の使用方法について解説されています。

テーマ
  • 1.はじめに
  • 2.Zabbix APIの概要
  • 3.PhpZabbixApiについて
  • 4.PhpZabbixApiのインストール
  • 5.Zabbix APIの基本操作
  • 6.メソッド名とパラメータについて
  • 7.アイテムの一括登録
  • 8.グラフとスクリーンの作成
  • 9.まとめ
ページリンク

→SRA OSS →オープンソース統合監視ツール Zabbix を使ってみよう(入門編) →第 3 回 Zabbix API 入門

ケース別APIサンプルコード

ポイント

ZabbixAPIを使用して、「件数を取得したい」や「出力項目を絞りたい」などの操作を実施する場合に参照できるサンプルコードについてまとめられています。

テーマ
  • 1度のリクエストで複数のリソースを作成・更新・削除したい
  • 件数を取得したい
  • 完全一致検索したい
  • 部分一致検索したい
  • OR検索したい
  • ワイルドカードを使った検索がしたい
  • 出力項目を絞りたい
  • APIをプログラムから叩きたい
  • 参考
ページリンク

→Qiita →Zabbix APIあれこれ

PHPから「Zabbix API」を使用して監視ホスト一覧を取得する方法

ポイント

PHPから「Zabbix API」を扱うための基本的な使い方について解説されています。

監視ホスト一覧の取得を行うためのサンプルコードがまとめられています。

テーマ
  • 1 Zabbix API のバージョン取得
  • →1.1 リクエストデータの作成
  • →1.2 リクエストデータを JSON 形式に変換
  • →1.3 HTTPストリームコンテキストの作成
  • →1.4 リクエストの実行
  • →1.5 レスポンスの表示
  • 2 Zabbix API アクセストークンの取得
  • 3 監視ホスト一覧の取得
  • 4 Zabbix API の公式マニュアル
  • 5 終わりに
ページリンク

→あぱーブログ →PHP 5分でわかる! Zabbix API の使い方(ホスト一覧の取得)

「Zabbix API」+Rパッケージ「twitter-anomalydetection」での異常値分析検証

ポイント

「Zabbix API」+Twitter社が公開しているRパッケージ「twitter-anomalydetection」を利用して、異常値分析を行うための検証結果についてまとめられています。

テーマ
  • はじめに
  • 検証内容
  • →zabbix
  • →twitter-anomalydetection
  • 処理を書く
  • 結果
  • 終わりに
ページリンク

→NTT Communications DEVELOPERS →Zabbix APIで監視データを取得して異常値分析をやってみる

TOPに戻る

「Zabbix」参考情報---④ZabbixのSNMP設定

ZabbixのSNMP設定に関する情報についてまとめられているサイトを紹介します。

「SNMP」とは

「SNMP(Simple Network Management Protocol)」とは、UDP/IPベースのネットワーク監視/管理を行うためのプロトコルです。

ネットワーク機器(ルータ/スイッチなど)やサーバ類に対して、「状態監視」「リソース監視」「パフォーマンス監視」「トラフィック監視」などを行えます。

Zabbixは「SNMP」に対応しているため、「SNMP Agent」を構築して、ネットワーク機器などの監視も行えます。

参考元サイト

・WebNMS →SNMPとは

「Zabbix Server」でのSNMP対応ネットワーク機器に対する監視設定方法

ポイント

「Zabbix Server」でCiscoなどのSNMP対応ネットワーク機器を監視するための設定方法についてまとめられています。

監視対象ネットワーク機器での各ポートのトラフィック量をグラフで確認できます。

テーマ
  • 1.Zabbix Server ネットワーク機器監視設定
  • 2.Zabbix Server LLD時間短縮
  • 3.ネットワーク機器トラフィック確認
ページリンク

→No IT No Life - おすぎやん サーバの設計・構築 →Zabbix Server で SNMP対応のネットワーク機器を監視

「Ubuntu 16.04 LTS」での「SNMP Agent」構築手順

ポイント

「Ubuntu 16.04 LTS」での「SNMP Agent」構築手順についてまとめられています。

テーマ
  • snmp、snmpd、snmp-mibs-downloader をインストール
  • /etc/snmp/snmp.conf の mibs : 行をコメントアウト
  • /etc/snmp/snmpd.conf の agentAddress 行と rocommunity public 行を編集
  • snmpd を再起動
  • snmpwalk を使って接続テスト
  • Zabbixでホストを登録
  • テンプレートのタブで「Template SNMP OS Linux」を追加
ページリンク

→Hatena Blog →mattintosh note →Zabbix で SNMP Agent と通信する

Zabbix(SNMP)でIBM「AS400」を監視するための手順

ポイント

IBMが1988年に発表した中小クラスのコンピュータシステム「AS400」に対して、SNMPを利用して、Zabbixで監視を行うための手順についてまとめられています。

テーマ
  • (1) ホストの基本設定
  • (2) CPU使用率の監視設定
  • →①アイテム追加
  • →②グラフ追加
  • →③トリガー追加
  • →④グラフ表示結果
  • (3) ディスク使用率の監視設定
  • →①アイテム追加
  • →→ディスク総容量
  • →→ディスク使用容量
  • →→ディスク使用率(%)
  • →②グラフ追加
  • →③トリガー追加
  • →④グラフ表示結果
ページリンク

→タイガー!タイガー!じれったいぞー!(SE編) →【AS400】 SNMPを起動し、ZABBIXで監視を行う (2)

Zabbix用オフィシャツツール「Zabbix用SNMPトラップフォーマッタ」

ポイント

「Zabbix用SNMPトラップフォーマッタ(zabbix-trapfmt)」とは、ZabbixでSNMPトラップを監視する際に、Zabbixサーバで処理を行える形式で「フォーマット変換」「ログファイル出力」を行えるツールです。

このツールについての概要について説明されています。

テーマ
  • 機能と特徴
  • 動作
  • ドキュメント
  • アップデート情報・ダウンロード
ページリンク

→ZABBIX →Zabbix用SNMPトラップフォーマットツール

TOPに戻る

「Zabbix」参考情報---⑤Zabbix Proxy(プロキシ)

「Zabbix Proxy(プロキシ)」に関する情報についてまとめられているサイトを紹介します。

「Zabbix Proxy」とは

ポイント

「Zabbix Proxy」とは、監視対象から監視データを収集し、Zabbixサーバに情報を送信する機能です。

Zabbizサーバから監視対象機器に対して、ネットワーク制限でアクセスできない場合でも、「Zabbix Proxy」を中継させることにより監視が可能となります。

テーマ
  • プロキシーモード
  • →アクティブモード
  • →パッシブモード
  • 利用方法
ページリンク

→DesigNET →Zabbix Proxyとは

「Zabbix Proxy」セットアップの勘所

ポイント

「Zabbix Server」「Zabbix Proxy」「Zabbix Agent」の各セットアップ方法についてまとめられています。

テーマ
  • 概要
  • インストールしてあるパッケージ
  • →Zabbix server
  • →Zabbix proxy
  • →Zabbix agent
  • インストール
  • →Zabbix server
  • →Zabbix proxy
  • →Zabbix agent
  • セットアップの勘所
  • →Zabbix server
  • →Zabbix Proxy
  • →Zabbix Agent
  • WEBインタフェース側での設定
ページリンク

→Qiita →Zabbix proxyのセットアップをやる場合の勘所

【ZabbixProxyセットアップ】CentOS編

ポイント

「CentOS 7.3」に「Zabbix Proxy 3.2」をセットアップする方法についてまとめられています。

テーマ
  • Zabbix Proxyとは
  • 1. インストール
  • →yumリポジトリの登録
  • →Zabbix Proxy
  • →MariaDB
  • 2.データベース設定
  • →DBの作成
  • →DBユーザの作成
  • →初期データのインポート
  • 3. 設定ファイル更新
  • →バックアップ
  • →確認箇所
  • 4. Zabbix サーバ側の設定
  • 5. ネットワークの設定
  • 6. 起動……失敗
  • 7. SELinux の設定
  • 8. 改めて起動
ページリンク

→Hatena Blog →yuu26's memo →CentOS 7.3 に Zabbix Proxy 3.2 をセットアップする

【ZabbixProxyセットアップ】AWS上のCentOS7で動くZabbixに「Zabbix Proxy」を追加

ポイント

AWS上のCentOS7で動くZabbixに「Zabbix Proxy」を追加する手順についてまとめられています。

テーマ
  • 全体構成
  • セットアップ
  • MySQLのインストール
  • Zabbix Proxyの構築
  • →EC2の作成
  • →タイムゾーンの設定
  • →SELinuxの無効化
  • →Zabbix Proxyのインストール
  • →データベースとユーザの作成
  • →Zabbix Proxyの初期設定
  • プロキシの設定
  • 動作確認
  • さいごに
ページリンク

→Developers.IO →AWS上でCentOS 7にZabbix 3.2を構築してみた(Zabbix Proxy編)

【ZabbixProxyセットアップ】Ansibleでの構築

ポイント

構成管理ツール「Ansible」を使用して「Zabbix Proxy」を構築する手順についてまとめられています。

テーマ
  • 想定イメージ
  • 構築環境
  • Ansibleを使った「Zabbix Proxy」の構築
  • →inventoryファイル作成
  • →mysqlの設定
  • →Zabbix Proxyの設定
  • →paybookの作成
  • →Ansibleの実行
  • あれよあれよとできる
  • Zabbix Serverに「Zabbix Proxy」を設定
  • 参考サイト
  • 書籍
ページリンク

→元うなぎ屋 →Ansibleで Zabbix Proxy を構築して、監視対象を拡張する方法 (インストール方法、設定)

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Zabbix最新TOPICS

【OSS】「Zabbix Conference Japan 2017」事例レポート---リクルートが4万5000台のVDIシステムにZabbixを採用した理由 他(2017年12月13日 20:03)

11月17日に開催された「Zabbix Conference Japan 2017」において、さまざまなソリューションや事例が紹介された模様をレポート。 【Zabbixとは】 統合監視ツール https://www.ossnews.jp/oss_info/Zabbix 【レポートテーマ】 ①Zabbix「3.4は過去最高のリリース、4.0ではさらに機能を強化」 ②サイバー・ソリ...

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter