Apache Subversion(アパッチサブバージョン)。プログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムの一つ

オープンソースのバージョン管理/Apache Subversionとは

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)。プログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムの一つ

Apache Subversionの概要

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)とは、テキストファイルのバージョンを管理するオープンソースのアプリケーションソフトウェアです。

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、主に商用ソフトウェアやオープンソースプロジェクトなどでのプログラムの開発作業で、変更管理などの目的で使用されます。
Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、2000年にCollabNet,Incのメンバーが中心となって、これまでのバージョン管理ツールのデファクトスタンダードだったCVSの不具合や問題点を改良し、より優れた機能を持つソフトウェアとして開発されました。
Apache Subversion(アパッチサブバージョン)がCVSの後継として機能的に優れているだけではなく、使い方がCVSによく似ていること、CVSから移行するためのツールが提供されていて移行がきわめて容易であるなどの理由から、CVSからApache Subversion(アパッチサブバージョン)に移行するオープンソースプロジェクトが増えてきています。

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)の最新バージョンはApache Subversion 1.7.8 、1.6.20(2013年01月時点)となっています。

TOPに戻る

Apache Subversionのライセンス

LICENCEApache Subversion(アパッチサブバージョン)のライセンスは、Apache Subversion Licenseです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則とし、ソースコードを改変も認められています。

TOPに戻る

Apache Subversionと同類のソフトウェア

商用ソフトウェア製品では、Microsoft社のVisual SourceSafe、BitMover社のBitKeeper、NXN Software社のAlienbrainが同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Apache Subversionの特長

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、次のような特長があります。

  • ライセンス費用はゼロで、無料で使用できる(有償保守サポートを依頼する場合は別途費用がかかる)
  • CVSでは管理できていなかったディレクトリを移動されたソースの履歴もApache Subversion(アパッチサブバージョン)では管理できる、CVSではファイル単位に振られたリビジョン番号がApache Subversion(アパッチサブバージョン)ではソースツリー全体に対して振られる、Apache Subversion(アパッチサブバージョン)ではファイルだけでなくディレクトリのバージョンを管理ができるなど、CVSの問題点や課題がApache Subversion(アパッチサブバージョン)では改良されている
  • CVSからApache Subversion(サブバアパッチサブバージョンージョン)への移行が容易である
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、svnserve、svnserve+ssh、http(s)など、対応プロトコルが選べる
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は最初からネットワーク対応を意識した設計になっており、ネットワークを介してより効率的に運用を行うことができる
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、Windows、 MAC OS X、 Linux、FreeBSD、 Solaris、 HP-UX、 AIXなど、マルチプラットフォームに対応している
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、RFC3253(WebDAVのバージョニング拡張)の実装の1つでもあり、今後のさらなる普及が見込まれる

TOPに戻る

Apache Subversionの導入事例

Apache Subversionは、オープンソースのバージョン管理ソフトウェアとして、中小から大規模まで、さまざまな業種・システムで幅広く利用されています。

TOPに戻る

Apache Subversionのダウンロード

Apache Subversion ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Apache Subversion最新TOPICS

「Apache Subversion 1.9」リリース(2015年08月20日 13:00)

Apache Subversion開発チームは、8/5、オープンソースのバージョン管理システム「Apache Subversion 1.9」をリリース。ファイルシステムフォーマット「FSFS」の強化や、新しいリポジトリバックエンド「FSX」の実験導入などが特徴であるとしている。 (出所:http://osdn.jp/magazine/15/08/08/164700)

Apache Subversion最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter