Apache Subversion(アパッチサブバージョン)。プログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムの一つ

オープンソースのバージョン管理/Apache Subversionとは

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)。プログラムのソースコードなどを管理するバージョン管理システムの一つ

Apache Subversionの概要

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)とは、テキストファイルのバージョンを管理するオープンソースのアプリケーションソフトウェアです。

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、主に商用ソフトウェアやオープンソースプロジェクトなどでのプログラムの開発作業で、変更管理などの目的で使用されます。
Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、2000年にCollabNet,Incのメンバーが中心となって、これまでのバージョン管理ツールのデファクトスタンダードだったCVSの不具合や問題点を改良し、より優れた機能を持つソフトウェアとして開発されました。
Apache Subversion(アパッチサブバージョン)がCVSの後継として機能的に優れているだけではなく、使い方がCVSによく似ていること、CVSから移行するためのツールが提供されていて移行がきわめて容易であるなどの理由から、CVSからApache Subversion(アパッチサブバージョン)に移行するオープンソースプロジェクトが増えてきています。

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)の最新バージョンはApache Subversion 1.7.8 、1.6.20(2013年01月時点)となっています。

TOPに戻る

Apache Subversionのライセンス

LICENCEApache Subversion(アパッチサブバージョン)のライセンスは、Apache Subversion Licenseです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則とし、ソースコードを改変も認められています。

TOPに戻る

Apache Subversionと同類のソフトウェア

商用ソフトウェア製品では、Microsoft社のVisual SourceSafe、BitMover社のBitKeeper、NXN Software社のAlienbrainが同様の機能を提供しています。

TOPに戻る

Apache Subversionの特長

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、次のような特長があります。

  • ライセンス費用はゼロで、無料で使用できる(有償保守サポートを依頼する場合は別途費用がかかる)
  • CVSでは管理できていなかったディレクトリを移動されたソースの履歴もApache Subversion(アパッチサブバージョン)では管理できる、CVSではファイル単位に振られたリビジョン番号がApache Subversion(アパッチサブバージョン)ではソースツリー全体に対して振られる、Apache Subversion(アパッチサブバージョン)ではファイルだけでなくディレクトリのバージョンを管理ができるなど、CVSの問題点や課題がApache Subversion(アパッチサブバージョン)では改良されている
  • CVSからApache Subversion(サブバアパッチサブバージョンージョン)への移行が容易である
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、svnserve、svnserve+ssh、http(s)など、対応プロトコルが選べる
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は最初からネットワーク対応を意識した設計になっており、ネットワークを介してより効率的に運用を行うことができる
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、Windows、 MAC OS X、 Linux、FreeBSD、 Solaris、 HP-UX、 AIXなど、マルチプラットフォームに対応している
  • Apache Subversion(アパッチサブバージョン)は、RFC3253(WebDAVのバージョニング拡張)の実装の1つでもあり、今後のさらなる普及が見込まれる

TOPに戻る

Apache Subversionの導入事例

Apache Subversionは、オープンソースのバージョン管理ソフトウェアとして、中小から大規模まで、さまざまな業種・システムで幅広く利用されています。

TOPに戻る

Apache Subversionのダウンロード

Apache Subversion ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Apache Subversion最新TOPICS

【OSS】「Git LFS」にコマンドインジェクション脆弱性---各種バージョン管理システム(Git、GitLab、Subversion、Mercurial)に影響(2017年08月18日 11:03)

ドイツのセキュリティベンダー「Recurity Labs GmbH」は、8月10日(現地時間)、 「Git LFS」にコマンドインジェクションの脆弱性が存在することを明らかにした。 なるべく早いアップデートを推奨している。 【影響を受けるバージョン管理システム】 ・「GitLab」:CVE-2017-12426 ・「Git」:CVE-2017-1000117 ・「Mercurial...

Apache Subversion最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter