「oVirt」の主な特徴として、「仮想デスクトップインフラストラクチャ:VM Portal」「2種類のホストサポート」「ストレージ構成」について紹介。

「oVirt」の主な特徴

「oVirt」の主な特徴として、「仮想デスクトップインフラストラクチャ:VM Portal」「2種類のホストサポート」「ストレージ構成」について紹介。

仮想デスクトップインフラストラクチャ「VM Portal」

oVirtは仮想デスクトップインフラストラクチャ機能「VM Portal」として、パーソナルコンピュータのデスクトップに似たデスクトップ環境をユーザーに提供します。

ユーザーは、Webブラウザを介してVM Portalにアクセスし、割り当てられた仮想デスクトップを表示してアクセスします。

VM Portalでユーザーが使用できるアクションはシステム管理者が設定します。

2種類のホストサポート

oVirtは「oVirtノード」と「Enterprise Linuxホスト」の2種類のホストをサポートしています。

環境要件に応じて、oVirt環境で「1つのタイプのみ」または「両方」を使用できます。

→oVirt →Documentation →oVirt Installation Guide →Chapter 5: Introduction to Hosts

ストレージ構成

ストレージドメインは、共通のストレージインターフェースを持つイメージのコレクションです。

「テンプレート」「仮想マシンの完全イメージ(スナップショット)」「ISOファイル」「それら自体に関するメタデータ」が含まれます。

ストレージドメインには「データドメイン」と「ISOドメイン」の2つのタイプがあります。

→oVirt →Documentation →oVirt Installation Guide →Chapter 9: Configuring Storage

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

oVirt最新TOPICS

最新情報はありません。

oVirt最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AWSのコストが増大する主な要因とは?

いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行 ~AWS Client VPN、Amazon Workspaces、Amazon AppStreamをライブデモで紹介~

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter