「nano」の主な機能として、「ファイル操作機能」「入力サポート機能」「検索/置換機能」「タブ対応機能」「ファイル読み込み機能」「エンコード機能」について紹介します。

「nano」の主な機能

「nano」の主な機能として、「ファイル操作機能」「入力サポート機能」「検索/置換機能」「タブ対応機能」「ファイル読み込み機能」「エンコード機能」について紹介します。

■関連する比較ページ

「nano」の主な機能

■ファイル操作機能

操作ディレクトリ設定機能

nanoのデフォルト操作ディレクトリを設定できます。

ファイルブラウザ機能

ファイルブラウザ機能で、ディレクトリ内をグラフィカルにナビゲートして、目的のファイルを検索できます。ファイルブラウザ内の基本的な移動はカーソル移動キーで行えます。

選択しているオブジェクトがディレクトリの場合、ファイルブラウザはディレクトリの内容を表示します。

選択しているオブジェクトがファイルの場合、ファイル名とパスがステータスバーに表示されます。

ファイルバックアップ機能

ファイルバックアップ機能が有効になっている場合、ファイル保存時に、ファイル保存前のバージョンを自動でバックアップできます。

ファイルが保存されるたびに、指定されたディレクトリに、一意の番号が付けられて保存されます。

カーソル位置保存機能

nanoで開いた最新の200個のファイルについて、カーソルの最後の位置をログに記録し、次回ファイルを開いた時点でカーソル位置を復元します。

■入力サポート機能

行番号表示機能

テキストエリアの左側に行番号が表示されます。

カーソル位置表示機能

ステータスバーにカーソル位置(行番号、列番号、文字番号)が常時表示されます。

自動インデント機能

新しく作成した行について、前の行と同じ数のタブ(スペース)で自動的にインデントします。

ソフトラッピング機能

ソフトラッピング機能を有効にすると、テキストが画面幅よりも長い場合、複数行にまたがってテキスト全体を表示できます。

シンタックスハイライト機能

ファイル種類ごとに個別のシンタックス(構文)を定義してハイライト表示できます。

→nano →7.2 Syntax Highlighting

ショートカットキー(キーバインディング)機能

nanorc設定ファイルで、詳細なキーバインディング設定を行えます。

マウスサポート機能

システムでマウスを利用可能な場合(X Window Systemとgpmが動作している場合)、マウスサポートを有効にできます。

・マウスをクリックしてカーソルを配置
・ダブルクリックでショートカットを実行
・テキストを選択---Shiftキーを押しながらドラッグ など

スペルチェック機能

指定したスペルチェックプログラムを使用して、スペルチェックと修正を行えます。

「GNU spell」などを利用できます。

→gnu →projects →spell

■検索/置換機能

検索コマンドを使用して、現在のバッファで任意の文字列の出現を検索できます。

デフォルトの検索モードでは、「フォワード検索」「大文字と小文字を区別しないリテラル文字列」で検索されます。

詳細検索機能

・大文字と小文字を区別した検索
・ブラケットマッチング
・ワードバウンド---句読点文字を単語の一部として扱う など

正規表現検索機能

正規表現を使用した検索/置換を行えます。

検索履歴

直近100件の「検索文字列」「置換文字列」「実行コマンド」が保存され再利用できます。

■タブ対応機能

タブの扱いに関して各種設定できます。

・タブ幅指定(デフォルト値=8)
・タブ補完
・タブをスペースに変換 など

■ファイル読み込み機能

編集中のテキストに、他のテキストファイルから読み込んだテキストを挿入できます。

■エンコード機能

各種エンコード機能を備えています。

・DOS/Macファイルタイプ変換機能
・UTF-8エンコード機能
・混合ファイル形式の自動変換 など

nano最新TOPICS

最新情報はありません。

nano最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter