「​​iPLAss」でのアプリ開発として、「ノンプラグラミングでアプリ構築」「プログラミング実装」について紹介。

「​​iPLAss」でのアプリ開発

「​​iPLAss」でのアプリ開発として、「ノンプラグラミングでアプリ構築」「プログラミング実装」について紹介。

  • P1.iPLAss
  • P2.「​​iPLAss」でのアプリ開発

ノンプラグラミングでアプリ構築

Webブラウザ上から、データ定義や設定を行うことでノンプラグラミングアプリケーション構築が可能です。

■CRUD自動構成

データ定義からCRUD(登録/参照/更新/削除)機能を自動的に構成します。

■定義変更

定義の変更はサービスを止めることなく即座にアプリケーションに反映されます。

プログラミング実装

■概要

カスタムロジック開発をサポートするMVCパターンのフレームワークを提供し、「Java/Groovy」「JSP/GroovyTemplate」によるコーディングによるアプリ開発を実施できます。

■Groovyベース

Apache GroovyとはJavaプラットフォーム用のJava構文に準拠したオブジェクト指向プログラミング言語です。

→OSSxCloudNews →オープンソースの言語/Apache Groovyとは

Groovyベースでのコーディングは、コンパイル/デプロイ作業なしで即座にアプリケーションに反映されるメリットがあります。

■Javaベース

Java/JSPでのカスタムロジックを記述も可能です。

Groovyとは異なりコンパイル/デプロイ作業が必要となりますが、慣れ親しんだ既存の開発環境でWebアプリケーションを開発できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • P1.iPLAss
  • P2.「​​iPLAss」でのアプリ開発

iPLAss最新TOPICS

最新情報はありません。

iPLAss最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter