【OSS】オープンソースインディア2018基調講演「オープンソースコミュニティ参加が大きな利益を生む」

【OSS】オープンソースインディア2018基調講演「オープンソースコミュニティ参加が大きな利益を生む」

OSS×クラウド最新TOPICS 2019年1月7日 09:28

【OSS】オープンソースインディア2018基調講演「オープンソースコミュニティ参加が大きな利益を生む」

オープンソースインディア2018の2日目の基調講演で、IBMのプログラムディレクターPradeep Balachandran氏はオープンソースの進化に関する個人的見解を語った。

オープンソースの現状について

現在はオープンソースが主流となり、私たちは、オープンソースの採​​用が最も増えている興味深い時代にいます。企業はオープンソースを活用して、より優れた製品を開発し、大規模に革新しています。

オープンソースコミュニティ

技術はこれまでになく急速に変化しているため、企業は市場で関連性を保つために、最新のテクノロジーをより早く採用する必要があります。

そのため、企業はオープンソースコミュニティと提携することが当然の選択となります。

オープンソースへの貢献

オープンソースを検討している企業が覚えておくべき最も重要な点として「企業は消費者であることに加えて、オープンソースコミュニティに積極的に貢献するべき」ということがあります。

企業は1つ以上のオープンソースコミュニティのメンバーになれます。企業としての利益を維持するためにも、オープンソース技術への貢献を積極的に奨励するべきです。

オープンソースコミュニティに参加して多様なグループで知識を共有することがイノベーションにとって不可欠であることを認識している組織は、最も利益を得ます。

Kubernetes

Kubernetesは、CNCF(Cloud Native Computing Foundation)の下でさまざまな組織が協力して前進させた最近の例です。

CNCFはクラウドネイティブソフトウェアスタックの構成要素である多くのプロジェクトをホストしています。

Hyperledger

Blockchainはマルチパーティ取引をデジタルで実行するための分散元帳として適応されています。

IBMは、2016年にLinux Foundationと協力して、Blockchainおよび関連ツール用のHyperledgerオープンソースプロジェクトを設立しました。

Blockchainは、革新のための新たな道を切り開くものとして「金融」「物流」「サプライチェーン」などに革命を起こすと期待されています。

以上、下記URLからの要約
https://opensourceforu.com/2019/01/companies-are-finally-using-open-source-for-the-greater-good/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

関連オープンソース

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter