【OSS】ソフトウェアファイアウォール7選---pfSense、ClearOS、IPFire

【OSS】ソフトウェアファイアウォール7選---pfSense、ClearOS、IPFire

OSS×クラウド最新TOPICS 2018年12月17日 09:54

【OSS】ソフトウェアファイアウォール7選---pfSense、ClearOS、IPFire

フリーでオープンソースのソフトウェアファイアウォールを7点紹介。

①pfSense

pfSenseは、ファイアウォールやルーターとして使用するために特別にカスタマイズされたFreeBSDベースのセキュリティソリューション。多くの機能を拡張できる。

https://www.pfsense.org/

②ClearOS

ClearOSはCentOSベースのオープンソースファイアウォール。標準PCをコミット済みのファイアウォールとインターネットサーバ/ゲートウェイに変換できる。

https://www.clearos.com/

③IPFire

IPFireはNetfilterの上に構築されたオープンソースディストリビューション。モジュール性と高度な柔軟性を念頭に設計されている。

https://www.ipfire.org/

④OPNsense

OPNsenseは、簡単に構築できるFreeBSDベースのファイアウォールおよびルーティングプラットフォーム。高価な商用ファイアウォールなどで利用できる多くの機能を搭載している。

https://opnsense.org/

⑤VyOS

VyOSは、​​LinuxベースのネットワークOS。「物理ハードウェア」「仮想マシン」「クラウドプラットフォーム」にインストールできる。

https://vyos.io/

⑥Smoothwall

Smoothwallは、ファイアウォールとして設計されたLinuxディストリビューション。シャットダウンまたはリブートはWebインターフェースから直接実行できる。

http://www.smoothwall.org/

⑦Untangle NG

Untangle NGファイアウォールは、小規模リモートオフィスから大規模分散組織まで、あらゆるIT課題に対応できる強力なネットワークセキュリティソリューション。フル機能を利用するためには、費用を支払う必要がある。

https://www.untangle.com/untangle-ng-firewall/

以上、下記URLからの要約
https://opensourceforu.com/2018/12/open-source-firewalls-the-best-in-the-business/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

最新TOPICS

【OSS】Fugue、AWS向けセキュリティ(コンプライアンス)チェックツール「Regula」をオープンソース公開---CI/CDツールと連携して動作(01月23日 11:26)

「Regula」とは Regulaは、AWS環境において、展開前に「セキュリティ構成ミス」や「コンプライアンス違反の可能性」について、インフラストラクチャ定義ツール「Terraform」を使用して評価できるツール。 CI/CDパイプラインに統合することで、セキュリティおよびコンプライアンスの慣行に違反する可能性のあ...

関連オープンソース

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter