【OSS】機械学習ライブラリ「TensorFlow」解説---開発目的、機械学習の仕組み、注目機能

【OSS】機械学習ライブラリ「TensorFlow」解説---開発目的、機械学習の仕組み、注目機能

OSS×クラウド最新TOPICS 2018年10月1日 13:55

【OSS】機械学習ライブラリ「TensorFlow」解説---開発目的、機械学習の仕組み、注目機能

オープンソースの機械学習ライブラリ「TensorFlow」について解説。

TensorFlowの開発目的

TensorFlowは、ニューラルネットワークを構築しトレーニングできる機械学習システムのニーズに応えるために、パターン/相関の検出による解読サポートを目的としてGoogle Brain Teamによって開発された。

Googleは、2015年11月、このライブラリをApache 2.0ライセンスでリリースし、誰もが独自のAIベースのプロジェクトで作業できるようにした。2016年6月までに、GitHubの1500のリポジトリがこのソフトウェアに言及している。

TensorFlowによる機械学習の仕組み

TensorFlowをPython環境にインポートすると「クラス」「メソッド」「シンボル」に対する完全なアクセスを行え、計算グラフと呼ばれるノードのグラフに配置できる。各ノードは入力としてテンソルを取り、対応する出力テンソルを生成する。

ノードの値はセッション実行時に評価されるが、より複雑な計算を構築するために、ノードを特定の形式のノードと組み合わせることができる。

TensorFlowではPythonの外部で実行されるグラフを記述できる。

TensorFlowの注目機能「TensorBoard」

視覚化学習

TensorBoardというユーティリティを使用すると、非常に大きな画像を表示できる。この表現は、フローまたはブロックダイアグラムに非常によく似た機能を提供する。

グラフ視覚化

一般的に計算グラフは複雑であるため視覚化は容易ではないが、TensorBoardのグラフ視覚化機能は「グラフ理解」と「デバッグ」をサポートする。

「ズームイン」「ズームアウト」「ブロックの内部チェック」「ブロック間のデータの流れを確認」などを行える。

参考

→OSSxCloudNews →オープンソースのAI・人工知能/TensorFlowとは

以上、下記URLからの要約
https://opensourceforu.com/2018/09/how-tensorflow-makes-machines-learn/

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

最新TOPICS

【OSS】Pythonが機械学習に適している理由6選(10月17日 10:22)

機械学習にPythonを使うべき理由について解説。 機械学習のためのオープンソースプログラミング言語「Python」 Pythonは複雑な操作を実行するために広く使用されているオープンソースのプログラミング言語の1つ。 「シンプルに処理を記述できる」「機械学習用ライブラリ(ツール群)が充実」など...

関連オープンソース

Eclipse Deeplearning4j(イクリプスディープラーニングフォージェイ)

  • AI・人工知能

Eclipse Deeplearning4j(イクリプスディープラーニングフォージェイ)とは分散型深層学習ライブラリです。「Java」「JVM(Java仮想マシン)」「各種アルゴリズム」をサポートします。

Keras(ケラス)

  • AI・人工知能

Keras(ケラス)とは、Python実装の高水準ニューラルネットワークライブラリです。「TensorFlow」「Microsoft Cognitive Toolkit」「Theano」上で実行できます。

Torch(トーチ)

  • AI・人工知能

Torch(トーチ)とは、「機械学習ライブラリ」「科学計算フレームワーク」です。GPUを活用する機械学習アルゴリズムを幅広くサポートしています。

Pylearn2(パイラーンツー)

  • AI・人工知能

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

scikit-learn(サイキットラーン)

  • AI・人工知能

scikit-learn(サイキットラーン)とは、Pythonのオープンソース機械学習ライブラリです。機能が充実している高品質ライブラリです。

MXNet(エムエックスネット)

  • AI・人工知能

MXNet(エムエックスネット)とは、「効率」と「柔軟性」を両立したディープラーニングフレームワークです。AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Theano(テアノ)

  • AI・人工知能

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

DSSTNE(デスティニー)

  • AI・人工知能

DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Caffe(カフェ)

  • AI・人工知能

Caffe(カフェ)。オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、高速処理が可能です。

Chainer(チェイナー)

  • AI・人工知能

Chainer(チェイナー)。日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

TensorFlow(テンソルフロー)

  • AI・人工知能

TensorFlow(テンソルフロー)。Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

  • AI・人工知能

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)。AI技術を利用したディープラーニング(深層学習)ツールキットです。旧称「CNTK」から改名されました。

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter