【OSS】Google、「TensorFlow Serving 1.0」リリース---「TensorFlow」で訓練したモデルのライフサイクルを管理、APIを通じて処理実行、Linuxをサポート

【OSS】Google、「TensorFlow Serving 1.0」リリース---「TensorFlow」で訓練したモデルのライフサイクルを管理、APIを通じて処理実行、Linuxをサポート

OSS×クラウド最新TOPICS 2017年8月10日 11:03

【OSS】Google、「TensorFlow Serving 1.0」リリース---「TensorFlow」で訓練したモデルのライフサイクルを管理、APIを通じて処理実行、Linuxをサポート

Googleは、8月7日(現地時間)、
「TensorFlow Serving 1.0」を公開した。

【TensorFlow Servingとは】
・オープンソース(Apache License Version 2.0)
・機械学習ライブラリ「TensorFlow」で訓練したモデルのライフサイクルを管理
・APIを通じてクライアントからの要求を処理するためのサーバ
・プロダクション環境での運用にも耐えうるパフォーマンス
・Linuxをサポート

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

最新TOPICS

【PICKUP】ソニー、ディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」の無償提供を開始---「現時点で唯一のディープラーニングのGUIツール」(08月18日 20:03)

ソニーは、8月17日、 ディープラーニング(深層学習)統合開発環境「Neural Network Console」の無償提供を開始した。 【Neural Network Consoleとは】 ・ソニーが6月にオープンソース公開したディープラーニングコアライブラリ「Neural Network Libraries」をGUIで操作できる ・「現時点で唯一のディープラーニングのGUIツール」...

関連オープンソース

Pylearn2(パイラーンツー)

  • AI・人工知能

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

scikit-learn(サイキットラーン)

  • AI・人工知能

scikit-learn(サイキットラーン)とは、Pythonのオープンソース機械学習ライブラリです。機能が充実している高品質ライブラリです。

MXNet(エムエックスネット)

  • AI・人工知能

MXNet(エムエックスネット)とは、「効率」と「柔軟性」を両立したディープラーニングフレームワークです。AWSが公式サポートを表明したことで大きな注目を集めています。

Theano(テアノ)

  • AI・人工知能

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

DSSTNE(デスティニー)

  • AI・人工知能

DSSTNE(デスティニー)。ディープラーニングライブラリです。Amazonがオープンソース公開したもので、スパース(疎)データに強いという特徴があります。

Caffe(カフェ)

  • AI・人工知能

Caffe(カフェ)。オープンソースのディープラーニングライブラリです。画像認識に特化しており、高速処理が可能です。

Chainer(チェイナー)

  • AI・人工知能

Chainer(チェイナー)。日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

TensorFlow(テンソルフロー)

  • AI・人工知能

TensorFlow(テンソルフロー)。Googleの機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリです。データフローグラフを使用したライブラリで、複雑なネットワークを分かりやすく記述できます。

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)

  • AI・人工知能

Microsoft Cognitive Toolkit(マイクロソフトコグニティブツールキット)。AI技術を利用したディープラーニング(深層学習)ツールキットです。旧称「CNTK」から改名されました。

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter