【OSS】Google、暗号化ライブラリ用セキュリティチェックツール「Project Wycheproof」リリース---「あまりに頻繁に繰り返される」誤りを防ぐ

【OSS】Google、暗号化ライブラリ用セキュリティチェックツール「Project Wycheproof」リリース---「あまりに頻繁に繰り返される」誤りを防ぐ

OSS×クラウド最新TOPICS 2016年12月21日 11:03

【OSS】Google、暗号化ライブラリ用セキュリティチェックツール「Project Wycheproof」リリース---「あまりに頻繁に繰り返される」誤りを防ぐ

Googleは、12月19日(米国時間)、
セキュリティテスト群「Project Wycheproof」を公開した。

【Project Wycheproofとは】
・オープンソース(Apache License Version 2.0)
・暗号化ソフトウェアライブラリに既知の脆弱性が存在しないかチェックする
・オープンソース暗号化ライブラリで「あまりに頻繁に繰り返される」誤りを防ぐことが目的
・数百件もの学術論文を調べる代わりに、ライブラリを素早くチェックして時間を節約

(出所:http://japan.zdnet.com/article/35094007/

OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

最新TOPICS

【講演資料を公開】4/25「OpenAMによるシングルサインオンの概要」(05月25日 09:15)

2017年04月25日(火)16:30 ~ 18:45 牛込箪笥地域センター にて「OpenAMによるシングルサインオンの概要」と題したセミナーを開催しました。当日は、お陰さまで満席となり、大盛況のうちに終了する事ができました。 講演後の質疑応答の際には、多くのご質問を頂戴し活発な議論が行われました。 来場者アンケートでも、 「リバースプロキシ方式と代理認証方式の違いが、理解できた点が大きか...

関連オープンソース

Snort(スノート)

  • セキュリティソフト

Snort(スノート)とは、ネットワーク型IDS(不正侵入検知システム)です。ネットワーク上を流れるパケットをキャプチャーして、不審なパケットの検出を行います。

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)

  • シングルサインオン

WSO2 Identity Server(ダブルエスオーツー アイデンティティ サーバ)とは、シングルサインオンソリューションです。アプリケーション/API/クラウド/モバイル間で統合ID管理を行います。

LibreSSL(リブレ エスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

LibreSSL(リブレ エスエスエル)とは、SSL/TLSプロトコルのオープンソース実装(通信用ソフトウェア)で、「OpenSSL」の派生改良版です。圧倒的シェアを持つが問題が多い「OpenSSL」を代替できるものとして期待されています。

Vuls(バルス)

  • セキュリティソフト

Vuls(バルス)とは、脆弱性スキャンツールです。Linux(FreeBSD)系OS/各種ミドルウェア/各種フレームワークなどに対する脆弱性存在を検査し、詳細情報をレポーティングします。

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSH(オープンエスエスエイチ)。ネットワーク経由通信を暗号化する「SSH」のオープンソース実装です。おもにUNIX/Linuxサーバに対するネットワーク経由でのリモートログインに使用します。

FreeRADIUS(フリーラディウス)

  • 認証サーバ

FreeRADIUS(フリーラディウス)。オープンソースの高機能RADIUSサーバです。認証用プロトコル「RADIUS」機能を実現するデファクトスタンダードとして広く使われています。

OpenSSL(オープンエスエスエル)

  • ネットワーク系ツール

OpenSSL(オープンエスエスエル)。オープンソースSSL/TLS暗号化ライブラリです。世界中のWebサイトで圧倒的シェアを持っており、事実上の業界標準となっています。

Apache DS(アパッチディーエス)

  • 認証サーバ

Apache DS(アパッチディーエス)。オープンソースのLDAP(ディレクトリ)サーバです。「Apache Directory」プロジェクトで開発されています。

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)

  • 認証サーバ

389 Directory Server(389ディレクトリサーバ)。オープンソースディレクトリサーバです。「Fedora Directory Server」の後継で、商用製品の流れを受けており、ユーザフレンドリーなGUIツールの充実などが特徴です。

OpenIDM(オープンアイディーエム)

  • ID管理

OpenIDM(オープンアイディーエム)。高い柔軟性と拡張性を備え、エンタープライズ/クラウド/モバイル/ソーシャル/レガシーなど多様な環境において、ユーザアカウントのプロビジョニングとライフサイクルの一元管理を実現するID管理製品です。

LISM(リズム)

  • ID管理

LISM(リズム)。シンプルな使いやすさが特徴のID統合管理ソリューションです。

OpenAM(オープンエーエム)

  • シングルサインオン

OpenAM(オープンエーエム)。「OpenSSO」の後継製品として、認証、アクセス認可、フェデレーションなどの機能を備えた、Webアプリケーションやクラウドサービスに対してのシングルサインオンを実現するオープンソース高機能認証ソリューションです。

OpenLDAP(オープンエルダップ)

  • 認証サーバ

OpenLDAP(オープンエルダップ)。最も多くの導入実績があり、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。

OpenDJ(オープンディージェー)

  • 認証サーバ

OpenDJ(オープンディージェー)。OpenAMに内蔵されており、先進的なレプリケーションアーキテクチャや「REST API」を搭載したLDAP準拠の高機能オープンソースディレクトリサーバです。

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter

facebook

twitter