「VisionX」の主な特徴として、「4ステップ開発」「Javaフレームワーク統合」「カスタムワークフロー」「エンタープライズ機能標準搭載」「ビジュアル開発機能」について紹介。

「VisionX」の主な特徴

「VisionX」の主な特徴として、「4ステップ開発」「Javaフレームワーク統合」「カスタムワークフロー」「エンタープライズ機能標準搭載」「ビジュアル開発機能」について紹介。

4ステップ開発

VisionXを使用すると、以下の4つの簡単な手順でアプリケーションを作成できます。

VisionXでUIを変更し、EclipseでJavaソースコードをリアルタイムで変更します。

①UIテンプレート選択
②データモデル定義
③UI調整
④ビジネスロジック追加

Javaフレームワーク統合

VisionXアプリケーションは「Apache 2.0ライセンス」または「互換性のあるJavaオープンソースフレームワークとライブラリ」のみを使用します。

そのため、ベンダーのロックインはまったくなく、他のJavaフレームワークを追加して、すべてをカスタマイズしてニーズに合わせて拡張できます。

カスタムワークフロー

VisionXを使用すると、ビジネスニーズに合わせてカスタムワークフローを作成できます。

「プロジェクト管理」「ロジスティックタスク」「人事プロセス(休暇申請)」など、ワークフローデザイナーでさまざまなビジネスワークフローを作成して管理できます。

→VisionX →workflow-engine

エンタープライズ機能標準搭載

VisionXには、「ログイン機能」「データベースアクセス機能」「セキュリティ機能」など、エンタープライズアプリケーション向けの高度な機能がすべて搭載されています。

ビジュアル開発機能

使いやすいビジュアルデザイナーにより、システムエンジニアだけではなく、「ビジネスユーザー」や「プロジェクトマネージャー」も、コーディング不要でビジネスニーズを解決するアプリケーションを開発できます。

VisionXの優れたユーザーエクスペリエンスにより、「ユーザーインターフェース」「データモデル」「ビジネスロジック」をグラフィカルに作成および変更できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

VisionX最新TOPICS

最新情報はありません。

VisionX最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter