「VLC media player」の主な特徴として、「モジュラーデザイン」「インターフェース」「GPUハードウェアデコード対応」「VLC拡張機能(アドオン)」について紹介します。

「VLC media player」の主な特徴

「VLC media player」の主な特徴として、「モジュラーデザイン」「インターフェース」「GPUハードウェアデコード対応」「VLC拡張機能(アドオン)」について紹介します。

■関連する比較ページ

「VLC media player」の主な特徴

■モジュラーデザイン

VLC media playerは、多くのマルチメディアフレームワークと同様に、モジュラーデザインを採用しており、多くのモジュールで構成されています。

主なモジュール

・入力プロトコル
・入力ファイル形式
・コーデック
・ビデオ再生
・オーディオ出力
・インターフェース
・コントロール機能
・スケーラ機能
・フィルタ機能 など

プラグイン拡張

モジュール/プラグインを導入することで、新しい「ファイル形式」「コーデック」「インターフェース」「ストリーミング方式」などに対応できます。

■インターフェース

VLC media playerは、グラフィカルインターフェースで各種操作を行います。

キーボードショートカットにも対応し、ビジュアライザなどによる調整を行えます。設定できる項目は非常に多いため、シンプルなインターフェースも提供されています。

■GPUハードウェアデコード対応

VLC media playerは、多くのプラットフォームにおいて、一部のファイルフォーマットに対するハードウェアデコード(GPUデコード)に対応しています。

GPUを使用することにより、動画再生時のCPUの負担を軽減し、よりスムーズな再生が可能です。

■VLC拡張機能(アドオン)

VLCはスクリプトによるアドオン(拡張機能)に対応しており、さまざまなアドオンを利用できます。

→VLC →VLC-Addons

VLC media player最新TOPICS

【OSS】マルチメディアプレイヤー「VLC media player v3.0.0」リリース---コア機能強化、デコード/レンダリングの高速化、Chromecastデバイスをサポート(2018年02月14日 20:03)

VideoLAN Projectは、2月9日(現地時間)、 マルチメディアプレイヤー「VLC media player v3.0.0」を公開した。 【VLC media playerとは】 マルチプラットフォーム対応のマルチメディアプレイヤー https://www.ossnews.jp/oss_info/VLC_media_player 【v3.0.0のポイント】 ・3年ぶり...

VLC media player最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter