「Swift」の主な機能として、「コアライブラリ Swift Core Libraries」「コアライブラリ Swift Package Manager」「デバッグ機能 LLDBデバッガ」について紹介します。

「Swift」の主な機能

「Swift」の主な機能として、「コアライブラリ Swift Core Libraries」「コアライブラリ Swift Package Manager」「デバッグ機能 LLDBデバッガ」について紹介します。

■関連する比較ページ

「Swift」の主な機能

■コアライブラリ「Swift Core Libraries」

コアライブラリ「Swift Core Libraries」は、Swift標準ライブラリよりも高いレベルの機能を提供します。

これらのライブラリは、開発者にとって、Swiftがサポートするすべてのプラットフォームに対応できる強力な機能を提供します。

→Swift →Swift Core Libraries

主なコアライブラリ機能

・型サポート機能---データ、URL、文字セット、特殊コレクション
・作業性機能---スレッド、キュー、通知
・永続性機能---プロパティリスト、アーカイブ、JSON解析、XML解析
・日時管理機能---日付、時刻、カレンダー計算
・OS固有の動作の抽象化
・ファイルシステムとの相互作用
・国際化フォーマット---日付と数字の書式設定、言語固有リソース
・ネットワークプリミティブ機能
・単体テスト機能 など

■パッケージマネージャ「Swift Package Manager」

パッケージマネージャ「Swift Package Manager」は、Swiftコードの配布を管理するためのツールです。ライブラリと実行可能ファイルを構築し、異なるパッケージ間でコードを共有するための機能を提供します。

Swiftビルドシステムと統合されており、「依存関係のダウンロード」「コンパイル」「リンクプロセスの自動化」を行えます。

ターゲットの依存関係は、パッケージのソースへの相対URLまたは絶対URLと、使用可能なパッケージのバージョンに対する一連の要件で構成されます。

→Swift →Package Manager

■デバッグ機能「LLDBデバッガ」

Swift.orgコミュニティは、デバッグ機能として「LLDBデバッガ」を提供しています。

LLDBデバッガを使用すると「Swiftプログラムの段階的実行」「ブレークポイント設定」「プログラム状態の検査や変更」を行えます。

Swiftは、デバッガに埋め込まれたSwiftコンパイラのバージョンに緊密に結合されています。コンパイラとデバッガの緊密な統合により正確な検査を行えます。

「Swift REPL」では、デバッグ機能を使用して障害状況を調査したり、即座にリカバリを行えます。

Swift最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ローコード/ノーコードのツール比較と内製化 ~ユーザー企業は、ノーコード/ローコードで内製化できるのか?~

コスト高となるSaaS利用の代替手段 ~情シス要員のいない中小企業が、業務アプリ開発を”ノーコード”で実現する~

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter