「Spring Framework」の主な特徴として、「設計哲学」「モジュール構造」「式言語:Spring Expression Language(SpEL)」「プログラミング言語Kotlinのファーストクラスサポート」について紹介。

「Spring Framework」の主な特徴

「Spring Framework」の主な特徴として、「設計哲学」「モジュール構造」「式言語:Spring Expression Language(SpEL)」「プログラミング言語Kotlinのファーストクラスサポート」について紹介。

設計哲学

Spring Frameworkの基本原則は次のとおりです。

■①すべてのレベルで選択肢を提供

Spring Frameworkでは、設計方針の決定をできるだけ遅くできます。

・コードを変更せずに構成を通じて永続性プロバイダを切り替え
・インフラストラクチャの切り替え
・サードパーティAPIの切り替え など

■②多様な視点に対応

Spring Frameworkは柔軟性を取り入れており、多様な視点に対応します。

さまざまな視点による幅広いアプリケーションのニーズをサポートします。

■③強力な下位互換性を維持

Spring Frameworkは強力な下位互換性を維持します。

バージョンアップについては慎重に管理されており、バージョン間の重大な変更はほとんどありません。

慎重に選択されたJDKバージョンとサードパーティライブラリをサポートし、Springに依存するアプリケーションとライブラリのメンテナンスを容易にします。

■④長年にわたって維持されるAPI

Spring Framework開発チームは、直感的で、多くのバージョンと長年にわたって維持されるAPIの開発に多くの時間を費やしています。

■⑤高いコード品質基準を設定

Spring Frameworkは、コード品質に関する高い基準を設定しています。

「意味のある」「最新の」「正確な」javadoc整備に重点を置いているため、パッケージ間の循環依存関係がないクリーンなコード構造を維持できる非常に数少ないプロジェクトです。

モジュール構造

■概要

Spring Frameworkが提供する機能はモジュール単位で分割されているため、アプリケーションは必要なモジュールを選択することで利用できます。

■コアモジュール

モジュール構造の中心となるコアモジュールは、「構成モデル」と「依存関係注入メカニズム」を含みます。

■モジュール提供機能

各モジュールは、さまざまなアプリケーションアーキテクチャの基本的なサポートを提供します。

・メッセージング機能
・トランザクションデータ処理機能
・永続性機能
・Web関連機能 など

■Webフレームワーク

Spring Frameworkは以下のフレームワークをサポートしています。

・Spring MVC Webフレームワーク---サーブレットベース
・Spring WebFluxリアクティブWebフレームワーク

式言語「Spring Expression Language(SpEL)」

■概要

「Spring Expression Language(SpEL)」は、実行時にオブジェクトグラフのクエリと操作をサポートする強力な式言語です。

Springコミュニティのすべてのプロダクトで使用できる単一の式言語として開発されました。

■言語構文

言語構文は「Unified EL」に似ていますが、「メソッド呼び出し機能」や「基本的な文字列テンプレート機能」などが追加されています。

■言語機能

言語機能は、EclipseベースのSpring Tool Suite内のコード補完サポートのツール要件など、Springポートフォリオのプロジェクトの要件によって決まります。

■単独使用可能

「Spring Expression Language(SpEL)」は、Springコミュニティにおける基盤言語として機能しますが、自己完結型であるためSpringに直接結び付けられるわけではなく、単独でも使用できます。

■他言語統合

「Spring Expression Language(SpEL)」はテクノロジーに依存しないAPIに基づいているため、必要に応じて他のJava式言語の実装を統合できます。

・OGNL
・MVEL
・JBoss EL など

プログラミング言語「Kotlin」のファーストクラスサポート

■プログラミング言語「Kotlin」とは

「Kotlin」は静的型付け言語で、JVMを対象としています。

簡潔でエレガントなコードを記述しながら、Javaで記述された既存のライブラリと非常に優れた相互運用性を提供します。

→OSSxCloudNews →オープンソースの言語/Kotlinとは

■Kotlinのファーストクラスサポートを提供

Spring Frameworkは「Kotlinのファーストクラスサポート」を提供します。

これにより開発者は、Spring Frameworkを「ネイティブKotlinフレームワーク」であるかのようにKotlinアプリケーションを開発できます。

■Kotlin拡張機能

Kotlinは追加機能を使用して既存クラスを拡張する機能を提供します。

「Spring Framework Kotlin API」はこれらの拡張機能を使用して、既存のSpring APIに新しいKotlin固有の優れた機能を追加できます。

Spring Framework最新TOPICS

【セミナー】基幹 DB で PostgreSQL を採用! 住友電工は如何にして OSS 活用の決断をしたのか? ~企業システムにおけるオープンソースの活用とセキュリティ対策事例~(2017年09月28日 13:23)

2017年10月18日(水)14:30~16:45 JJK 会館 7F (東京中央区築地 4-1-14)にて、「基幹 DB で PostgreSQL を採用! 住友電工は如何にして OSS 活用の決断をしたのか? ~企業システムにおけるオープンソースの活用とセキュリティ対策事例~」と題したセミナーを開催します。 今回は、元住友電気工業株式会社 情報システム部長の岩佐氏をお招きし、お話を伺いま...

Spring Framework最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

新型コロナウイルス感染症渦の顧客エンゲージメント構築における戦略

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

失敗例から見る、JUnitによるJava単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~

With/Afterコロナ時代のIT体制を考える 〜リモートワークへの対応は、IT体制の拡充&効率化の入口〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter