「SQLite」のファイルストレージとして、「単一ディスクファイル」「クロスプラットフォーム」「後方互換性」について紹介します。

「SQLite」のファイルストレージ

「SQLite」のファイルストレージとして、「単一ディスクファイル」「クロスプラットフォーム」「後方互換性」について紹介します。

■関連する比較ページ

「SQLite」のファイルストレージ

■単一ディスクファイル

SQLiteはファイルシステムをデータストレージとして使用します。データベースは単一のディスクファイルに格納されます。

「MySQL」や「PostgreSQL」のようなクライアントサーバ構成ではなく、「Microsoft Access」のようにファイルを直接読み書きするタイプです。

データベースを手軽にコピーできる利便性があります。

→SQLite →Database File Format

■クロスプラットフォーム

SQLiteのデータベースファイルはクロスプラットフォームで利用できます。

「32ビットマシンと64ビットマシン」「ビッグエンディアンと リトルエンディアン」など、異なるアーキテクチャーを持つ別のマシン上にコピーしてそのまま使用できます。

→SQLite →LoC Recommended Storage Format

■後方互換性

SQLiteデータベースファイルフォーマットは後方互換性が維持されています。

SQLiteバージョン3のすべてのリリースは、バージョン3.0.0によって作成されたデータベースファイルを読み書きできます。

SQLiteコンソーシアムは、将来のすべてのSQLite3リリースにおいて、上記の後方互換性維持を約束しています。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

SQLite最新TOPICS

最新情報はありません。

SQLite最新CLOSEUPコラム

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter