「React Native」の主な特徴として、「宣言型」「コンポーネントベース」「ネイティブコードレンダリング」「シームレスなクロスプラットフォーム」「高速リフレッシュ」について紹介。

「React Native」の主な特徴

「React Native」の主な特徴として、「宣言型」「コンポーネントベース」「ネイティブコードレンダリング」「シームレスなクロスプラットフォーム」「高速リフレッシュ」について紹介。

宣言型

Reactを使用した宣言型ビューにより、コードがより予測可能になり、デバッグが容易になり、インタラクティブなUIを簡単に作成できます。

コンポーネントベース

■概要

状態を管理するカプセル化されたコンポーネントを構築し、それらを構成して複雑なUIを作成できます。

■ネイティブコンポーネント

「Android開発ではKotlinまたはJava」「iOS開発ではSwiftまたはObjective-C」を使用してビューを記述します。

React Nativeを使用すると、Reactコンポーネントを使用してJavaScriptでこれらのビューを呼び出せます。

アプリ固有のニーズに合わせてAndroidおよびiOS用の独自ネイティブコンポーネントを構築できます。

■React Native Directory

「React Native Directory」では各種コンポーネントが提供されています。

→reactnative.directory

ネイティブコードレンダリング

React Nativeアプリは他のアプリと同じネイティブプラットフォームAPIを使用するため、ReactプリミティブはネイティブプラットフォームUIにレンダリングされます。

ユーザーエクスペリエンスを損なわない真のネイティブアプリを開発できます。

シームレスなクロスプラットフォーム

Reactコンポーネントは、既存のネイティブコードをラップし、Reactの宣言型UIパラダイムとJavaScriptを介してネイティブAPIと対話します。

プラットフォーム固有のバージョンのコンポーネントを作成することで、プラットフォーム間において単一コードベースを共有できます。

高速リフレッシュ

JavaScriptコードへの変更は、ネイティブアプリを再構築せずにライブで再読み込みできます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

React Native最新TOPICS

最新情報はありません。

React Native最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ローコード/ノーコードのツール比較と内製化 ~ユーザー企業は、ノーコード/ローコードで内製化できるのか?~

リアルタイム性の高いIoTの課題とは?スマートシティを支えるMQTT ~IoTメッセージングプラットフォームを活用し、セキュリティ確保や通信到達保障を簡単に実現~

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter