「React」のネイティブモバイルアプリ構築機能「React Native」として、「概要」「ネイティブモバイルアプリ」「部分的ネイティブコード化」について紹介します。

「React」のネイティブモバイルアプリ構築機能「React Native」

「React」のネイティブモバイルアプリ構築機能「React Native」として、「概要」「ネイティブモバイルアプリ」「部分的ネイティブコード化」について紹介します。

■関連する比較ページ

「React」のネイティブモバイルアプリ構築機能「React Native」

■概要

React Nativeを利用すると、JavaScriptのみを使用してネイティブモバイルアプリを構築できます。

Reactと同じデザインを使用しており、宣言的なコンポーネントから豊富なモバイルUIを作成できます。

→GitHub →Facebook →React Native(Build native mobile apps using JavaScript and React)

■ネイティブモバイルアプリ

React Nativeでは、「モバイルウェブアプリ」「HTML5アプリ」「ハイブリッドアプリ」を構築するのではなく、Objective-CやJavaを使用して作成されたアプリと区別がつかないネイティブモバイルアプリを構築できます。

通常のiOSやAndroidアプリと同じ基本的なUIビルディングブロックを使用し、JavaScriptとReactを使用してこれらのビルディングブロックをまとめることで実現しています。

■部分的ネイティブコード化

React Nativeは、「Objective-C」「Java」「Swift」で書かれたコンポーネントとスムーズに結合します。

ネイティブコードへの部分的ドロップダウンが可能で、特定処理のみのネイティブコード化を行えます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

React最新TOPICS

【OSS】UI構築用JavaScriptライブラリ「React 16.0」リリース---コアアーキテクチャ「Fiber」、「MIT License」で公開する初のメジャーリリース(2017年10月04日 11:03)

FacebookのReact開発チームは、9月26日、 UI構築用JavaScriptライブラリ「React 16.0」を公開した。 【Reactとは】 https://www.ossnews.jp/oss_info/React 【ポイント】 ・新しいコアアーキテクチャ「Fiber」 ・多数の機能強化 ・エラー処理改善 ・高速化 ・議論になっていたライセンスの変更も実施(...

React最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

リアルタイム性の高いIoTの課題とは?スマートシティを支えるMQTT ~IoTメッセージングプラットフォームを活用し、セキュリティ確保や通信到達保障を簡単に実現~

エンジニアにとって「情報発信」は重要なのか? ~テックピット DEVELOPERS RESKILLING CONFERENCE クロージングセッション~

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter