「Prometheus」の主な特徴として、「単一サーバノード構成」「クライアントライブラリ」「Prometheusクエリ:PromQL」について紹介。

「Prometheus」の主な特徴

「Prometheus」の主な特徴として、「単一サーバノード構成」「クライアントライブラリ」「Prometheusクエリ:PromQL」について紹介。

■関連する比較ページ

単一サーバノード構成

■概要

Prometheusサーバは単一サーバノード構成で実行されます。

「ネットワークストレージ」「分散ストレージ」「リモートサービス」などの外部の依存関係はなく、ローカルストレージのみに依存します。外部システム故障時に影響を受けないメリットがあります。

Prometheusは、信頼性を考慮して設計されており、障害時に迅速に問題を診断できるシステムとして利用できます。

■構成ファイル

Prometheusは「コマンドラインフラグ」と「構成ファイル」を介して構成されます。

コマンドラインフラグ

コマンドラインフラグは不変なシステムパラメーターを構成します。

・ストレージの場所
・ディスクやメモリに保持するデータ量 など

構成ファイル

構成ファイルは以下を定義します。

・スクレイピングジョブ
・インスタンス関連
・ルールファイル定義 など

→Prometheus →DOCS →PROMETHEUS →CONFIGURATION

クライアントライブラリ

■概要

クライアントライブラリを使用すると、さまざまなサービスを簡単に計測できます。

10以上の言語がサポートされており、簡単にカスタムライブラリを実装できます。

インストルメンテーション追加

サービスを監視する前に、アプリケーションが記述されている言語に一致するPrometheusクライアントライブラリを選択し、インストルメンテーションを追加する必要があります。

これにより、アプリケーションインスタンスのHTTPエンドポイントを介して内部メトリックを定義および公開できます。

→Prometheus →DOCS →INSTRUMENTING →CLIENT LIBRARIES

■サポートライブラリ

オフィシャルライブラリ

・Go
・Java/Scala
・Python
・Ruby

サードパーティクライアントライブラリ

・Bash
・C++
・.NET/C#
・Node.js
・Perl
・PHP
・Rust など

Prometheusクエリ「PromQL」

Prometheusは、機能的クエリ言語「PromQL(Prometheus Query Language)」を提供しています。

ユーザーがリアルタイムで時系列データを選択および集約できるようにするためのクエリ言語です。

収集された時系列データをスライスおよびダイシングして「アドホックグラフ」「表形式データ」「アラート」などを生成できます。

→Prometheus →DOCS →PROMETHEUS →QUERYING PROMETHEUS

Prometheus最新TOPICS

最新情報はありません。

Prometheus最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

タレントマネジメントを実現するために、人事情報を一元管理する ~従業員情報、人事評価、BI機能など、全ての情報を統合し分析できるように~

運用DXによる更なるビジネスチャンスの拡大に向けて ~ソリューションパートナー募集ウェビナー~

お客様が使い続けている状況で、FAXを廃止できるのか? ~テレワークにも対応できる、ペーパーレスFAXの提案~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter