「PowerShell」のスクリプト言語機能として、「本格的スクリプト言語」「C#構文風」「例外処理メカニズム」「主なスクリプト言語機能」について紹介します。

「PowerShell」のスクリプト言語機能

「PowerShell」のスクリプト言語機能として、「本格的スクリプト言語」「C#構文風」「例外処理メカニズム」「主なスクリプト言語機能」について紹介します。

■関連する比較ページ

「PowerShell」のスクリプト言語機能

■本格的スクリプト言語

PowerShellは本格的スクリプト言語としての機能も備えています。

高度な文法を備えているため、コマンドレットを組み合わせて「一連の処理」や「複雑な処理」をスクリプトとして記述し、複雑で高度なスクリプトを作成できます。

RubyやPythonなどのモダンなスクリプト言語に近い感覚で処理を記述できます。

以前のコマンドプロンプトでは、コマンドを逐次実行する「バッチ」を利用していましたが、PowerShellではコマンドレットや内部コマンドを組み合わせたPowerShellスクリプトを使用できます。

PowerShellスクリプトにより「システム管理処理の自動化」をより容易に実現できます。

例えば、「Excel上のデータからActive Directoryのユーザーアカウントを自動的に作成する」などのような複雑な処理を比較的簡単に記述できます。

■C#構文風

PowerShellスクリプトの構文は、.NET Frameworkをベースとしているため、プログラミング言語「C#」の構文と多くの類似点があります。

オブジェクトメンバに対してC#構文のような表記法を使用してアクセスします。

C#に精通しているユーザーにとっては、スムーズに導入しやすいメリットがあります。また、逆に、PowerShellを習得することで、C#のスタイルを理解しやすくなります。

■例外処理メカニズム

PowerShellは.NETベースの例外処理メカニズムを提供します。

エラーの場合は、エラーに関する情報を含むオブジェクト(Exceptionオブジェクト)がスローされ、「try ... catch」コンストラクトによりキャッチされます。

例外をスローせずに、自動的に実行を再開するように構成することも可能です。

■主なスクリプト言語機能

PowerShellは、スクリプト言語として、各種制御構文や機能を使用できます。
・変数定義---変数スコープ(global、script、local)
・関数定義---匿名メソッド
・分岐構文---if-then-else、switch
・ループ構文---while、do、for、foreach
・例外処理+クロージャ
・ラムダ式
・ハッシュテーブル
・配列スライシング など

PowerShell最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

業務システムの自社開発、システム間のデータ連携にコスト・時間がかかりすぎてしまう ローコード開発×ノーコード・データ連携の”あわせ技”で、内製開発の課題が消える

コスト高となるSaaS利用の代替手段 ~情シス要員のいない中小企業が、業務アプリ開発を”ノーコード”で実現する~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter