「OKD」の主な特徴として、「Kubernetesベース」「カスタムOS:FCOS」「シンプルなインストールおよび更新プロセス」について紹介。

「OKD」の主な特徴

「OKD」の主な特徴として、「Kubernetesベース」「カスタムOS:FCOS」「シンプルなインストールおよび更新プロセス」について紹介。

  • P1.OKD
  • P2.「OKD」の主な特徴

Kubernetesベース

■概要

OKDはコンテナオーケストレーションにおける事実上の標準である「Kubernetes」を基盤としています。

コンテナイメージとコンテナは、最新アプリケーション開発の主要な構成要素ですが、それらを大規模に実行するためには、信頼性が高く柔軟な配布システムが必要です。

■OKDによる機能拡張

OKDはKubernetesに対して、エンタープライズ対応の拡張機能を追加しています。

ハイブリッドクラウド展開

OKDクラスタにより、さまざまなパブリッククラウドプラットフォームまたはデータセンターにデプロイできます。

統合されたRedHatテクノロジー

OKDの主要コンポーネントは「Fedora」および「関連するRedHatテクノロジー」に由来しているため、RedHatエンタープライズ品質ソフトウェアの「徹底的テスト」および「認証イニシアチブ」から恩恵を受けています。

その他の拡張および強化機能

・SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)機能
・認証機能
・ログ集約機能
・モニタリング機能
・ルーティング機能
・包括的Webコンソール機能
・カスタムOpenShift CLI

カスタムOS「FCOS」

OKDはカスタムOS「FCOS」を使用します。

「FCOS(FedoraCoreOS)」とは、「CoreOS」と「RedHat AtomicHost」の優れた機能を組み合わせたコンテナ指向OSです。

コンテナ化アプリケーションを実行するために特別に設計されており、各種ツールと連携して、「迅速インストール」「オペレーターベース管理」「簡素化されたアップグレード」などの機能を提供します。

シンプルなインストールおよび更新プロセス

OKDでは、適切なパーミッションを持つアカウントがあれば、単一コマンドを実行していくつかの値を指定することで、サポートされているクラウドに本番クラスタをデプロイできます。

サポートされているプラットフォームを使用している場合は、「クラウドインストールのカスタマイズ」や「データセンターへのクラスタインストール」も可能です。

FCOSベースのクラスタである場合、各マシンで実行されるシステムとサービスについて、中央のコントロールプレーンから完全に制御できるため、アップグレードは自動イベントになるように設計されています。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

  • P1.OKD
  • P2.「OKD」の主な特徴

OKD最新TOPICS

最新情報はありません。

OKD最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ITシステムの異常予兆が察知できない、24時間365日対応するリソースがない 〜AIOpsを取り入れたサーバー運用自動化〜

パッケージ版「サイボウズ Office」販売・サポート終了にどう対応するか? ~移行先選択肢の比較、カスタムアプリ問題などについて解説~

サイバー攻撃の主要な標的となった中小企業 ~顧客企業が望むセキュリティ/データ保護サービスを実現する最適解~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter