「Node-RED」の主な特徴として、「フローベースプログラミング」「フローエディタ機能」「フロー共有」について紹介。

「Node-RED」の主な特徴

「Node-RED」の主な特徴として、「フローベースプログラミング」「フローエディタ機能」「フロー共有」について紹介。

フローベースプログラミング

■概要

フローベースプログラミングとは、アプリケーションの動作を「ノード」として記述する方法です。

各ノードには「データを受け取る」「データを処理する」「データを渡す」という明確に定義される目的があります。

ネットワークは、ノード間のデータの流れを担当します。

■視覚的表現モデル

フローベースプログラミングは、視覚的表現に適したモデルであり、幅広いユーザーがアクセスしやすい特徴があります。

フローを見ることで、それが何をしているかの感覚をつかむことができます。

ユーザーは各ノード内の個々のコード行を理解する必要はありません。

■ノード

ノードはフローの基本的な構成要素であり、「フロー内の前のノードからメッセージを受信」「着信HTTPリクエスト」「タイマー」「GPIOハードウェア変更などの外部イベント」などをトリガーに指定できます。

ノードは、メッセージやイベントを処理し、フロー内の次のノードにメッセージを送信します。

ノードには「1つの入力ポート」と「複数の出力ポート」を設定できます。

フローエディタ機能

Node-REDは、パレット内のノードを使用してフローを簡単にワイヤリングできるブラウザベースのフローエディタを提供します。

作成したフローをシングルクリックでランタイムにデプロイできます。

JavaScript関数は、リッチテキストエディタを使用してフローエディタ内で作成できます。

フロー共有

Node-REDで作成したフローはJSONを使用して保存され、他のユーザーと共有するために簡単にインポートおよびエクスポートできます。

パッケージリポジトリ「Node-REDライブラリ」には22万を超えるモジュールがあるため、パレットノードの範囲を簡単に拡張して新しい機能を追加できます。

■パッケージリポジトリ「Node-REDライブラリ」

→flows.nodered.org

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Node-RED最新TOPICS

最新情報はありません。

Node-RED最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

オープンソース・プロジェクト管理システムの環境構築を手間いらずに。

DevOps、AIOps、Kubernetes米国最新情報 ~世界最大規模のAPMイベント「Dynatrace Perform 2021」を1時間に凝縮して特別開催

ベトナム人SAPエンジニアチーム立ち上げ経験から具体的ノウハウを解説 ~日本企業はSAP人材不足にどう対応すればよいのか?~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter