「NUT」の主な特徴として、「サポートハードウェア」「サポートプロトコル」「階層化モジュール設計」「冗長性サポート」について紹介。

「NUT」の主な特徴

「NUT」の主な特徴として、「サポートハードウェア」「サポートプロトコル」「階層化モジュール設計」「冗長性サポート」について紹介。

サポートハードウェア

幅広い種類の機器用のドライバが提供されています。

各デバイスを互換性レイヤーにマッピングすることで、統一された管理インターフェースで透過的に管理できます。

→NUT →Hardware compatibility list

サポートプロトコル

NUTは以下の通信タイプとプロトコルをサポートしています。

・シリアル接続
・USB接続
・ネットワーク接続---SNMP、Eaton、MGE XML、HTTP など

階層化モジュール設計

NUTは「ドライバ」「サーバ」「クライアント」の3つの層で構成されています。

ドライバはサーバと同じホストで実行され、クライアントはネットワーク経由でサーバと通信します。

つまり、UPS間にネットワークパスがある限り、クライアントはどこからでもUPSを監視できます。

冗長性サポート

upsmonは、複数のUPSから同時に電力を受け取るハイエンドサーバを管理できます。

NUT最新TOPICS

最新情報はありません。

NUT最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter