「MariaDB」の主な特徴として、「リレーショナルデータベース」「MySQL互換」「ハイパフォーマンス」「スケーラブル」「デプロイ性」「セキュリティ」「クライアントライブラリ」「ストレートエンジン」について紹介します。

「MariaDB」の主な特徴

「MariaDB」の主な特徴として、「リレーショナルデータベース」「MySQL互換」「ハイパフォーマンス」「スケーラブル」「デプロイ性」「セキュリティ」「クライアントライブラリ」「ストレートエンジン」について紹介します。

■関連する比較ページ

「MariaDB」の主な特徴

■リレーショナルデータベース

MariaDBはリレーショナルデータベースとして「データにアクセスするためのSQLインターフェース」と「高度なRDBMS機能」を提供します。
・Oracle Database互換性---PL/SQL
・一時表
・シャーディング
・ロールバック
・透過的データ暗号化
・ポイントインタイムを含む独自のデータベースでしか使用できない一連のエンタープライズ機能 など

■MySQL互換

概要

MariaDBは、MySQL開発コアメンバーによるプロジェクトが中心となり開発されているオープンソースリレーショナルデータベースです。

MariaDBは、MySQLのブランチに相当し、意識的にMySQL互換性を保ちながら開発されています。MySQLとの互換性を保ちつつも、「性能」や「堅牢性」を高めるための独自機能を追加して、よりよいデータベースとなることを目指し開発されています。
・MySQLとの高い後方互換性を持つ
・MySQLの不具合修正を定期的に反映
・MySQLのソースコードをベースにいくつかの機能を追加  など

MySQLのドロップイン置換

MariaDBは「より多くの機能」「新しいストレージエンジン」「より少ないバグ」「より良いパフォーマンス」を備えたMySQLのドロップイン置換として設計されています。

MariaDBは、MySQLとの高い互換性を維持し、ライブラリのバイナリパリティとMySQL APIおよびコマンドとの正確なマッチングによるドロップイン置換機能を保証しています。

APIとプロトコルの互換性

MariaDBのAPIとプロトコルは、MySQLで使用されるものと互換性があり、ネイティブのノンブロッキング操作と進捗報告をサポートするいくつかの機能を備えています。

ネイティブ機能をサポートしているかどうかに関わらず、MySQLで動作する多くの「コネクタ」「ライブラリ」「アプリケーション」もMariaDBで動作します。

MySQLからMariaDBへ容易に移行

「ディレクトリ構造」「データファイル」「表定義ファイル」「クライアントAPI」「プロトコル」などの互換性は高く、MySQLからMariaDBへの移行もスムーズに行えます。

互換性比較ドキュメント

オフィシャルサイトで、MariaDBとMySQLに関する互換性比較についてドキュメントがまとめられています。

→MariaDB →MariaDB versus MySQL - Compatibility

機能比較ドキュメント

同様に、MariaDBとMySQLに関する機能比較についてのドキュメントもまとめられています。

→MariaDB →MariaDB versus MySQL - Features

■ハイパフォーマンス

MariaDBはマルチスレッドを使用しているため、他のデータベースシステムよりも高負荷を処理できる機能を備えています。

その他、高性能を実現するためのさまざまな機能が標準で実装されています。
・スレッドプーリング
・並列レプリケーション
・マルチソースレプリケーション
・グループコミット
・MyISAMセグメントキーキャッシュなど など

■スケーラブル

MariaDBはスケーラビリティが高いため「数万のテーブル」や「数十億行のレコード」を扱えます。MariaDBはパフォーマンスに焦点を当て、スレッドモデルをベースにしているため、サイトやアプリケーションが「トラフィック急増」や「ビジネスの急速拡大」を経験する際において柔軟にスケールアウトできます。

また、少量データをすばやくスムーズに管理する用途にも向いているため、中小企業や個人プロジェクトにも活用できます。

■デプロイ性

MariaDBはインフラに依存せず、さまざまな環境でデプロイできます。

オンプレミス環境

MariaDBは、「ベアメタル」「バーチャルマシン」「プライベートデータセンター」などのオンプレミス環境にデプロイできます。

クラウド環境

MariaDBはクラウド環境(パブリック/プライベート/ハイブリッド)へのデプロイも可能です。

AWSやAzureでサポートされており「ディザスタリカバリ用途」や「データ分析用途」などに利用できます。

コンテナ環境

MariaDBは「Docker」「Kubernetes」「Red Hat OpenShift」などのコンテナにデプロイできます。

軽量で持ち運びが容易であるため数秒でインストールできます。

■セキュリティ

デフォルト暗号化

他の多くのデータベースシステムではデフォルトで暗号化されていませんが、MariaDBはデフォルトで暗号化できます。

特に複雑な手順を実施せずに、データベースに保管されたデータをセキュリティ保護できるメリットがあります。

オープンソースプロジェクト

クローズ開発プロダクトの場合は、ユーザーが「データアクセス用バックドアが存在するかどうか?」について確認することは難しい面があります。

MariaDBはオープン性を重視しています。MariaDBはオープンソースであり、全ソースコードが公開されているため、多くのユーザーによるソースコードレベルでのセキュリティ監査を行える環境が整っています。

そのため、ユーザーは安心して安全なデータベースとしてMariaDBを利用できます。

セキュリティ問題対応体制

MariaDBプロジェクトは特にセキュリティに焦点を当てています。

重大なセキュリティ問題が発見された場合、MariaDBのセキュリティリリースをすぐに準備し配布します。

MariaDB開発チームは、すべてのセキュリティ問題が迅速に報告され、十分詳細にドキュメント化される体制を整えることで信頼性を高めています。

■クライアントライブラリ

MariaDBプロジェクトは、ユーザーがプログラミング言語やアプリケーションからMariaDBに接続できるようにするためのクライアントライブラリを提供しています。
・クライアント/サーバプロトコル---クライアントとMariaDBサーバ間で使用されるプロトコル
・libmysqld---組み込みスタンドアローンMariaDBサーバ
・C言語/C++コネクタ
・Javaコネクタ---JDBCドライバコネクタ
・ODBCコネクタ
・Node.jsコネクタ---JavaScriptおよびNode.jsコネクタ
・Perl DBIコネクタ
・PHPコネクタ
・Pythonコネクタ
・Rubyコネクタ など

→MariaDB →Client Libraries

■ストレートエンジン

ストレートエンジンとは

ストレージエンジンとは、データベース管理システムがデータベースに対しデータを「挿入」「抽出」「更新」「削除」するために使用する基礎となるソフトウェア部品です。

MariaDBがサポートするストレージエンジン

MariaDBは、さまざまな利点を持つ多くのストレージエンジンを提供しています。トランザクションセーフなストレージエンジンはデータのロールバックを可能にします。
・MyRocks---優れた圧縮率を備える
・Aria---MyISAMをより良いキャッシュに置き換え
・FederatedX---Federatedのドロップイン置換
・SphinxSE
・TokuDB
・SEQUENCE
・Spider
・Cassandra など

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

無料資料プレゼント

新型コロナウイルス感染症渦の顧客エンゲージメント構築における戦略

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

いますぐできるAWSを使ったテレワーク環境の構築と、オンプレ業務システムのクラウド移行 ~AWS Client VPN、Amazon Workspaces、Amazon AppStreamをライブデモで紹介~

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?

AWSのコストが増大する主な要因とは?

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter