「Magento」の主なグローバル対応機能として、「多言語対応機能」「多通貨対応機能」「税管理機能」「マルチサイト管理機能」について紹介します。

「Magento」の主なグローバル対応機能

「Magento」の主なグローバル対応機能として、「多言語対応機能」「多通貨対応機能」「税管理機能」「マルチサイト管理機能」について紹介します。

■関連する比較ページ

「Magento」の主なグローバル対応機能

Magentoは各種グローバル対応機能により越境ECサイトを構築できます。

■多言語対応機能

Magentoはロケールファイルを追加することで、世界中の言語を扱えるように設計されています。

ローカライズ(翻訳)作業は各言語のコミュニティによって実施されていますが、サイト独自で訳を変えたい場合は、「ロケールファイル修正」もしくは「画面上で訳を変更できるインライントランスレータ」を利用できます。

■多通貨対応機能

Magentoは世界中の通貨を扱える仕組みが組み込まれています。

レート管理機能

対象となるWebサイトのそれぞれに「基本通貨」と「表示通貨」を指定でき、基本通貨と表示通貨の間の「為替レート」を管理する仕組みにより正しい金額を表示できます。

レート管理は「Webサービスによる定期的自動更新」と「手動管理」の2種類の方法が用意されています。

■税管理機能

国によっては「品目」「地域」「居住地」などによって税率が決定される税制が実施されています。

Magentoにはこのような複雑な税制を定義して対応できる仕組みが標準で備わっています。

■マルチサイト管理機能

Magentoは、1つのシステムで複数ドメインのマルチサイトを構築して、1つの管理画面から統合管理できます。

このマルチサイト機能により、1つのECサイトを「多言語」「多通貨」で運営できます。サーバの処理能力が許す限り、サイトを増やして運営できます。

また、サイトごとに異なる商品カテゴリツリーを設定して商品を展開できます。

Magento最新TOPICS

【OSS】エンタープライズEコマースプラットフォーム「Magento2」のインストール方法解説(2016年07月27日 19:03)

エンタープライズEコマースプラットフォーム「Magento2」のインストール方法を解説。 【Magento2とは】 →OSSNews →OSS情報 →Magento2 http://www.ossnews.jp/oss_info/Magento2 【テーマ】 ・Magento 2はダウンロードよりcomposerがオススメ ・1.インストールに必要な条件を満たしているか確認する...

Magento最新CLOSEUPコラム

イベント情報

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter