「Kotlin」のユースケースとして、「サーバサイドアプリケーション開発」「Androidアプリケーション開発」「クライアントサイド(JavaScript)アプリケーション開発」「Kotlinネイティブアプリケーション開発」について紹介します。

「Kotlin」のユースケース

「Kotlin」のユースケースとして、「サーバサイドアプリケーション開発」「Androidアプリケーション開発」「クライアントサイド(JavaScript)アプリケーション開発」「Kotlinネイティブアプリケーション開発」について紹介します。

■関連する比較ページ

「Kotlin」のユースケース

Kotlinは「サーバ側」「クライアント側」「Webアプリ」「Android環境」など、さまざまな種類の開発に使用できます。

■サーバサイドアプリケーション開発

Kotlinは、既存のJavaベースのテクノロジースタックとの完全な互換性を維持しながら、簡潔で表現力豊かなコードを書くことができるため、サーバサイドアプリケーションの開発に向いています。

■Androidアプリケーション開発

Kotlinは、KotlinはAndroidのファーストクラスの言語としてサポートされており、Googleの強力なサポートを利用できるため、Androidアプリケーション開発には非常に適している言語です。

Kotlin言語のすべての利点を活かしてAndroidアプリケーションを開発できます。

■クライアントサイド(JavaScript)アプリケーション開発

Kotlinは、コードをJavaScriptに変換できるため、JavaScriptアプリケーション開発にも対応できます。KotlinをバックエンドWeb用に加えて、クライアントサイドWeb用にも使用できます。

■Kotlinネイティブアプリケーション開発

Kotlinネイティブとは、Kotlinコードを、VMなしで実行されるネイティブバイナリにコンパイルするためのテクノロジーです。Kotlinコンパイラ用のLLVMベースのバックエンドと、Kotlinランタイムライブラリのネイティブ実装で構成されます。

ネイティブコードとの相互運用性をサポートし、MacOS/iOSでは、Objective/Cコードとの相互運用性もサポートされる予定です。

→Kotlin →Kotlin/Native for Native

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Kotlin最新TOPICS

最新情報はありません。

Kotlin最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter