Keycloakサーバの概要と、「スタンドアロンモード」「スタンドアロンクラスタモード」「ドメインクラスタモード」「データセンター間レプリケーションモード」の動作モードについて紹介します。

「Keycloak」サーバ

Keycloakサーバの概要と、「スタンドアロンモード」「スタンドアロンクラスタモード」「ドメインクラスタモード」「データセンター間レプリケーションモード」の動作モードについて紹介します。

■関連する比較ページ

「Keycloak」サーバ

■概要

Keycloakサーバは実体として「Java EEのWebアプリケーション」として動作します。

セッション情報を管理し、シングルサインオン(SSO)を利用するアプリケーションからのアクセスに対して、Keycloakサーバが提供するログインページにリダイレクトします。

■動作モード

Keycloakは複数の動作モードに対応しています。

スタンドアロンモード

スタンドアロンモードは、Keycloakサーバインスタンスを1つだけ実行します。

クラスタ化された配置には使用できず、すべてのキャッシュは非分散型でローカル専用となります。

スタンドアローンモードのサーバがダウンした場合、ユーザーがログインできなくなるシングルポイント障害が発生する可能性があるため、本番環境での使用は推奨されません。

スタンドアロンクラスタモード

スタンドアロンクラスタモードは、クラスタ内でKeycloakを実行させるモードです。

Keycloakサーバインスタンスを実行する各マシンでKeycloakディストリビューションのコピーを動作させます。

このモードは最初は非常に簡単にデプロイできますが、設定を変更する場合には、各マシンの各ディストリビューションを修正する必要があるため、非常に面倒になるケースがあります。特に、大規模クラスタに対して適用する場合には、コストがかかり、エラーが発生する可能性が高まります。

ドメインクラスタモード

ドメインクラスタモードは、サーバ設定を一元管理して公開する方法です。

サーバ設定について保存および公開するための中心的な場所を提供することによって、クラスタ内の全ノードに対する一括変更処理を可能とします。

ドメインクラスタモードのセットアップは複雑になる場合がありますが、後々のメンテナンスコストを考慮すると、初期セットアップコストがかかったとしても有効な方策となります。

この機能は、Keycloakの派生元であるWildFly Application Serverに組み込まれています。

データセンター間レプリケーションモード

データセンター間レプリケーションモードは、複数のデータセンターにまたがったクラスタとしてKeycloakを実行する場合に使用します。

通常は、地理的に異なる地域にあるデータセンターサイトごとにKeycloakサーバクラスタを配置します。

Keycloak最新TOPICS

【講演資料を公開】1/24 市場動向調査から読み解くIDパスワード管理に伴う問題とは ~オープンソースを活用したシングルサインオンで解決~(2019年02月23日 12:15)

2019年01月24日(木)15:30~17:00 マジセミ竹芝オフィス にて「市場動向調査から読み解くIDパスワード管理に伴う問題とは ~オープンソースを活用したシングルサインオンで解決~」と題したセミナーを開催しました。 当日は、ID管理、シングルサインオンにご興味・課題をお持ちの方々が、寒い中ご来場くださいました。ありがとうございました。 また、少人数制ならではのアットホームな雰囲気の中...

Keycloak最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【エンドユーザー優先】主要IDaaS/シングルサインオン製品の選び方 ~機能、価格、特徴を徹底比較~

なぜリモートデスクトップ・VDIの使い勝手が悪いのか?保険・証券・年金事務所向け事例紹介セミナー

【エンドユーザー優先】OktaではじめるシングルサインオンとID管理 ~IDaaSを活用したゼロトラスト入門~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter