「Karate」の主な特徴として、「スクリプト」「サポート機能」「CI/CDパイプライン統合」「高速動作」「HTTP呼び出しの包括的サポート」について紹介。

「Karate」の主な特徴

「Karate」の主な特徴として、「スクリプト」「サポート機能」「CI/CDパイプライン統合」「高速動作」「HTTP呼び出しの包括的サポート」について紹介。

スクリプト

■プレーンテキスト

Karateのスクリプトはプレーンテキストであるため、コンパイル手順やIDEを必要とせず、チームはGitなどを使用して共同作業を実施できます。

■DSL構文

KarateのDSL構文は、ネイティブにJSONとXMLをサポートし、JsonPathやXPath式を利用できます。

■読みやすさ

テスト内容を整形式のJSONまたはXMLとして表現することで、読みやすい形で記述できます。

深くネストされているかどうかに関係なく、応答ペイロード全体が期待通りであることを表現できます。

■コード行削減

ヘルパーコードなどの必要性が排除されているため、コード行は大幅に削減されます。

ユーザー定義関数を再利用することで、効率的に記述できます。

■他スクリプトの呼び出し

スクリプトから他のスクリプトを呼び出すことができます。

認証を維持しながら、複数のテストにわたってフローを効率的にセットアップできます。

サポート機能

■アサーション機能

「どのデータ要素(パス)が期待通りではないのか?」が明確になるため、大きなペイロードでも簡単にトラブルシューティングできます。

■デバッグ機能

編集中にステップ再生などを実行できるフル機能のデバッガー機能を利用できます。

■検証機能

ペイロードの構造と形式を検証する「クロスフィールド/ドメイン検証ロジック」を利用できます。

CI/CDパイプライン統合

「Maven」「JUnit5」などを利用することで、UI自動化スイートにKarateを統合できます。

高速動作

■マルチスレッド並列実行

マルチスレッド並列実行による高速動作が可能です。

特に統合テストやエンドツーエンドテストの場合に大幅な時間の節約になります。

■分散テスト機能

テストを並行して実行することで、実行時間を大幅に短縮できます。

これはコア機能であり「JUnit」「Maven」「Gradle」に依存しません。

HTTP呼び出しの包括的サポート

・SOAP/XMLリクエスト
・HTTPS/SSL
・HTTPプロキシサーバ
・URLエンコードされたHTML形式データ
・マルチパートファイルアップロード---「multipart/mixed」「multipart/related」
・ブラウザのようなCookie処理
・「HTTPヘッダ」「パス」「クエリパラメータ」
・Websocket など




参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Karate最新TOPICS

最新情報はありません。

Karate最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ローコード/ノーコードのツール比較と内製化 ~ユーザー企業は、ノーコード/ローコードで内製化できるのか?~

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

業務システムの自社開発、システム間のデータ連携にコスト・時間がかかりすぎてしまう ローコード開発×ノーコード・データ連携の”あわせ技”で、内製開発の課題が消える

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter