「Jupyter Notebook」の主な特徴として、「主要コンポーネント」「非言語依存」「オープンスタンダード」「サポート言語」について紹介。

「Jupyter Notebook」の主な特徴

「Jupyter Notebook」の主な特徴として、「主要コンポーネント」「非言語依存」「オープンスタンダード」「サポート言語」について紹介。

主要コンポーネント

Jupyter Notebookは、以下の2つのコンポーネントを組み合わせて構成されています。

■Webアプリケーション

概要

Webアプリケーションコンポーネントは、「説明テキスト」「数学」「計算」「リッチメディア出力」を組み合わせたドキュメントのインタラクティブオーサリングのためのブラウザベースのツールです。

主な機能

・ブラウザー内コード編集機能---自動構文強調表示、インデント、タブ補完、イントロスペクション
・コード実行機能
・リッチメディア表現による計算結果表示機能---HTML、LaTeX、PNG、SVG
・Markdownマークアップ言語サポート
・数学表記機能---LaTeX
・ネイティブレンダリング機能---MathJax など

■ノートブックドキュメント

ノートブックドキュメントは完全な計算記録として機能し、「計算の入力と出力」「説明テキスト」「数学」「画像」「オブジェクトのリッチメディア表現」など、Webアプリケーションで表示されるすべてのコンテンツの表現が含まれます。

「インタラクティブセッションの入力と出力」「コードに付属しているが実行を目的としていない追加テキスト」も含まれます。

これらのドキュメントは内部的にはプレーンテキスト形式のJSONファイルであるため、バージョン管理により共有できます。

非言語依存

Jupyter Notebookは、Project Jupyter用の言語に依存しないHTMLノートブックアプリケーションです。

オープンスタンダード

Jupyter Notebookは、インタラクティブコンピューティング用の一連のオープンスタンダードに基づいています。

開発者は「HTML」「CSS」「JSON」などのオープンスタンダードを活用して、組み込みのインタラクティブコンピューティングでカスタマイズされたアプリケーションを構築できます。

■オープンドキュメント形式

Jupyter Notebookは、JSONに基づいたオープンドキュメント形式です。

これらには、「コード」「説明テキスト」「方程式」「豊富な出力」など、ユーザーセッションの完全な記録が含まれています。

■ネットワークプロトコル「Interactive Computing Protocol」

Jupyter Notebookは、「ZMQ」および「WebSocket」を介したJSONデータに基づいたオープンネットワークプロトコル「Interactive Computing Protocol」を使用して、Jupyterカーネルと通信します。

■Jupyterカーネル

Jupyterカーネルは、特定のプログラミング言語でインタラクティブコードを実行し、ユーザーに出力を返すプロセスです。

カーネルは「タブ補完」や「イントロスペクション」などのリクエストにも応答します。

サポート言語

Jupyter Notebookは、「Python」「R言語」「Julia」「Scala」を含む、40以上のプログラミング言語に対応しています。

Jupyter Notebook最新TOPICS

最新情報はありません。

Jupyter Notebook最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

上からも下からもプレッシャー中間管理職の「悩み」をデータの視点で解決 〜タイムリーなデータ活用、円滑な状況共有を導く分かりやすいデータストーリーとは〜

データ活用におけるクレンジングの課題 〜「データ連携ツールを使っても非エンジニアには負担」の解決策〜

ビッグデータ処理のデータベースとして MySQL HeatWave が最適な理由 〜AWS Aurora/Redshift、GCP BigQuery との性能&コスト比較〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter