「Juju」の構築手順書「チャーム」

■関連する比較ページ

「Juju」の構築手順書「チャーム」

■概要

Jujuにおいて構築手順書は「チャーム」と呼びます。Chefにおける「レシピ」に相当します。

チャームは、クラウドアプリケーションの「展開」「構成」「スケーリング」「維持」「操作」などのすべての手順を定義するための一連のスクリプトで、YAML形式で記述します。

チャームは、単一のアプリケーションと、それを操作するために必要なすべてのコードとノウハウをカプセル化します。「他の関連アプリケーションとの連携」や「アップグレードする方法」などについて記述できます。

チャームを使用することで、「アプリケーションの確実な展開」「繰り返し展開」「必要に応じてスケールアップ」などが容易になります。

■構成管理ツール連携

Jujuは、同様のサーバプロビジョニングツール「Chef」「Puppet」「Ansible」などと連携して利用できます。

■主な記述内容

チャームは多くのプロパティを持つことができ、構成スクリプトとして以下の項目などについて記述します。
・ソフトウェアインストール設定
・インストール後設定
・サービスの開始/停止設定
・他のチャームとのリレーション設定
・設定変更時の処理
・スケーリング設定
・アップグレード設定 など

■チャームヘルパー機能

チャーム作成時には、ボイラープレートスクリプトを自動的に生成するチャームヘルパー機能を利用できます。

■リレーション設定

通常、関連するアプリケーションは、お互いの存在を知らず、意味のある方法で接続されていませんが、チャームにアプリケーション間のリレーションシップを記述することで、アプリケーション間連携をカバーできます。

リレーションシップを記述しておくことで、アプリケーションを制御するチャームが互いに各種情報を交換できるようになり、関連するアプリケーション間で連携できるようになります。

■独自カスタムチャームの作成

独自のカスタムチャームを作成する場合、「既存のChef/Puppet/Dockerなどのスクリプト統合」や「既存チャームのエコシステムを利用」など、既存スクリプト資産を活用できます。

カスタムチャーム作成のためのツールやドキュメントが提供されています。

→Juju →Getting Started with charm development

■バンドル

Jujuには、チャームの他に、「バンドル」という概念もあります。

バンドルは、「アプリケーションをリンクするチャームの集合」であり、「連携するようにモデル化されたすぐに実行できるアプリケーションのコレクション」です。

バンドルを利用することで、インフラストラクチャ全体に対して一度に展開できます。

■チャームリポジトリサイト「チャームストア」

概要

チャームのリポジトリサイトとして「チャームストア」が用意されています。

1つのコマンドで展開できるさまざまなベストプラクティスソリューションとして、数百以上のチャーム(バンドル)が公開されており、取得して利用できます。

→Juju →Store

展開できる主なアプリケーション

チャームストアでは、「Kubernetes」「OpenStack」「Apache Hadoop」「その他各種ビッグデータソリューション」など、数多くのクラウド指向アプリケーション用チャーム(バンドル)がリストされています。

Juju最新TOPICS

最新情報はありません。

Juju最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter