Hyperledger参考情報②「Hyperledger Iroha」

Hyperledger参考情報②「Hyperledger Iroha」

■概要

Hyperledger Iroha(ハイパーレッジャー イロハ)とは、「Hyperledgerプロジェクト」で開発されている国産ブロックチェーン基盤です。

https://www.hyperledger.org/projects/iroha

■基本説明

「Hyperledger Iroha」は、日本のブロックチェーンスタートアップ企業「ソラミツ株式会社」が中心となり「Hyperledgerプロジェクト」にコードを提供したブロックチェーン基盤です。

Irohaは、シンプルでモジュール化された分散型元帳プラットフォームを目指しています。

■経緯

・2016年9月、「Hyperledgerプロジェクト」に提案
・2016年10月、Incubationとして正式受諾(世界で3番目の受諾)

■主な特徴

国産ブロックチェーン

irohaは「ソラミツ株式会社」「NTTデータ」「日立」「Colu」の4社の共同提案としてHyperledgerに提出されています。

国産ブロックチェーンとも言えるもので、開発コミュニケーションは日本語でも行われているため、日本人にも参入しやすい環境があります。

シンプル設計

シンプル設計で、理解しやすく、開発しやすい構造です。

合意形成アルゴリズム「皇(すめらぎ)」

irohaでは、合意形成アルゴリズム「皇(すめらぎ)」をプロジェクト内で提案しています。

「2秒以内のファイナリティ(決済完了性)」や「秒間数千件以上のスループット」を機能目標としています。

デジタルアセット発行

デジタルアセット(通貨/ポイントなど)を簡単に、発行/送受信できるライブラリを用意しています。

モバイルアプリケーション対応

モバイルアプリケーションを簡単に開発できる各種ライブラリが用意されています。
・iOS用
・Android用
・JavaScript用

■想定ユースケース

Irohaでは次のようなユースケースが想定されています。
・支払い・決済(対面型決済含む)
・契約管理
・証券取引
・金融商品管理
・サプライチェーンマネージメント
・スマートグリッド
・貿易金融
・本人確認
・公証/タイムスタンプ機能
・シェアリングエコノミーサービス
・医療
・IoT など

■開発/実験事例

→会津大学 →お知らせ →福島Moe祭2016 with マジカル福島にて仮想通貨「萌貨」の実証実験を行いました

→会津大学 →お知らせ →ブロックチェーン技術を用いた学内通貨「白虎」の実証実験を、会津大学内にて2017年3月22日から実施します

→Biz/Zine →ソラミツ、ブロックチェーン「Hyperledger Iroha」がカンボジア国立銀行に採用

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Hyperledger最新TOPICS

【OSS】オープンソースインディア2018基調講演「オープンソースコミュニティ参加が大きな利益を生む」(2019年01月07日 09:28)

オープンソースインディア2018の2日目の基調講演で、IBMのプログラムディレクターPradeep Balachandran氏はオープンソースの進化に関する個人的見解を語った。 オープンソースの現状について 現在はオープンソースが主流となり、私たちは、オープンソースの採​​用が最も増えている興味深い時代にいます...

Hyperledger最新CLOSEUPコラム

セミナー講演資料

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter