「React Native」ベースとして、「概要」「React Nativeの主な特徴」について紹介。

「React Native」ベース

「React Native」ベースとして、「概要」「React Nativeの主な特徴」について紹介。

概要

Hermesは「React Native」をベースとして動作します。

「React Native」は、UI構築用JavaScriptライブラリ「React」+「アプリプラットフォームネイティブ機能」を使用して、AndroidおよびiOSアプリケーションを構築するためのオープンソースフレームワークです。

「React Native」では、JavaScriptを使用してプラットフォームのAPIにアクセスし、Reactコンポーネントを使用してUIの外観と動作を記述します。

既存のAndroidおよびiOSプロジェクトでReact Nativeを使用できます。また、新規アプリを最初から作成することもできます。

→reactnative.dev

「React Native」の主な特徴

■ネイティブコードレンダリング

ReactNativeアプリは、ネイティブプラットフォームAPIを使用し、ネイティブプラットフォームUIにレンダリングされます。

■プラットフォーム間でコード共有

プラットフォーム固有のバージョンコンポーネントを作成することで、複数プラットフォーム間で単一コードベースを共有できます。

■既存ネイティブコードをラップ

Reactコンポーネントは、既存ネイティブコードをラップし、Reactの宣言型UIパラダイムとJavaScriptを介してネイティブAPIと対話します。

このことにより、ネイティブコードに精通していない開発者チームでも、ネイティブアプリ開発が可能となります。

■高速リフレッシュ

ネイティブビルドが完了するのを待つことなく、動作を確認できます。

■Facebookサポート

Facebookは2015年にReactNativeをリリースしました。

2018年、React Nativeは、GitHubリポジトリにおいて、2番目に多くの貢献者を獲得しました。

Hermes最新TOPICS

最新情報はありません。

Hermes最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

業務システムの自社開発、システム間のデータ連携にコスト・時間がかかりすぎてしまう ローコード開発×ノーコード・データ連携の”あわせ技”で、内製開発の課題が消える

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

コスト高となるSaaS利用の代替手段 ~情シス要員のいない中小企業が、業務アプリ開発を”ノーコード”で実現する~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter