「Grafana」の主な特徴として、「ダッシュボードリポジトリ」「プラグイン」「マルチテナントサポート」「軽量動作」「エージェント不要」について紹介します。

「Grafana」の主な特徴

「Grafana」の主な特徴として、「ダッシュボードリポジトリ」「プラグイン」「マルチテナントサポート」「軽量動作」「エージェント不要」について紹介します。

■関連する比較ページ

ダッシュボードリポジトリ

公式およびコミュニティが構築したさまざまなダッシュボードが登録されています。条件に適合するダッシュボードをすぐに利用できます。

→Grafana →Dashboards

プラグイン

オフィシャルサイトのプラグインリポジトリに数百のプラグインが登録されています。

「パネル(ダッシュボード)」「データソース」「アプリケーション」別にカテゴライズされています。

→Grafana →Plugins

マルチテナントサポート

Grafanaはマルチテナントをサポートしています。

それぞれで「管理者」「データソース」「ダッシュボード」「ユーザー」を定義できる複数のテナントをセットアップできます。

軽量動作

Grafanaは表示に必要な最低限のデータしか保持しないため、エントリークラスサーバや旧型低スペックサーバでも動作できます。

エージェント不要

Grafanaは、データ表示のためにデータソース側にエージェントなどをインストールすることがないため、既存システムに影響を与えずに導入できます。

Grafana最新TOPICS

最新情報はありません。

Grafana最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

DX、クラウド、サーバーレスで複雑化するシステムをどう管理し、性能劣化を防ぐのか? 〜Yahoo、JTB、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの事例紹介〜

【Withコロナを生き抜く】ITIL準拠社内ヘルプデスクの実践活用法 ~DX時代に適したクラウド2.0ツールの選定のコツと 情報システム部門の在り方について~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter