「Go言語」の機能的特徴として、「自動コードフォーマット」「IDE(エディタ)用プラグイン」「ロジック/パフォーマンス問題診断ツール」について紹介。

「Go言語」の機能的特徴

「Go言語」の機能的特徴として、「自動コードフォーマット」「IDE(エディタ)用プラグイン」「ロジック/パフォーマンス問題診断ツール」について紹介。

■関連する比較ページ

「Go言語」の機能的特徴

■自動コードフォーマット

Go言語には、コードを自動で整頓する自動フォーマット機能が用意されています。

コーディング規約を設定することなくコードの個人差を吸収できるため、大規模開発プロジェクトなどで活用できます。

■IDE(エディタ)用プラグイン

概要

Go言語用のエディタ/IDE向けプラグインが提供されています。

→GitHub →golang/go →IDEsAndTextEditorPlugins

ローカルIDE(エディタ)用

・Atom
・Eclipse IDE
・Emacs
・IntelliJ IDEA
・Visual Studio
・Visual Studio Code
・vim など

クラウドIDE用

・Cloud9
・CodeEnv
・Wide など

■ロジック/パフォーマンス問題診断ツール

概要

Go言語エコシステムには、Goプログラムのロジックとパフォーマンスの問題を診断するための多数のAPIとツールが用意されています。

プロファイリングツール

プロファイリングツールは、Go言語プログラムの「メモリ使用量」や「頻繁に呼び出されるコードセクション」などを分析します。

トレースツール

トレースツールは、呼び出しまたはユーザー要求について、複数のGoプロセスにまたがって、アプリケーションの待ち時間を計測し分析します。

デバッグツール

デバッグツールを使用すると、Goプログラムを一時停止し、「プログラム実行フロー」と「現在の状態」について確認できます。

ランタイム(イベント)統計ツール

ランタイム(イベント)統計ツールは、「ランタイム統計情報」と「イベントの収集/分析」のためのツールです。

各種メトリックにより「スループット」「使用率」「パフォーマンス」などの情報を確認できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Go言語最新TOPICS

【OSS】Google製オープンソースシステムプログラミング言語「Go言語」(2019年02月04日 10:21)

Googleが開発したオープンソースプログラミング言語「Go言語」について紹介。 Go言語とは Go言語(Golang)は、2009年にGoogleで作成されたオープンソースプログラミング言語。 「表現力豊かな型システム」「高速コンパイル機能」「優れたパフォーマンス」「並行処理を単純化する組み込...

Go言語最新CLOSEUPコラム

イベント情報

セミナー講演資料

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ローコード/ノーコードのツール比較と内製化 ~ユーザー企業は、ノーコード/ローコードで内製化できるのか?~

SIer企業の「リスキリング」実現ロードマップを解説 〜開発現場で必要なスキルを実践しながら学べる学習プラットフォーム〜

リアルタイム性の高いIoTの課題とは?スマートシティを支えるMQTT ~IoTメッセージングプラットフォームを活用し、セキュリティ確保や通信到達保障を簡単に実現~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter