「Genius」の主な機能として、「数理処理」「プロット処理」「エクスポート機能」について紹介。

「Genius」の主な機能

「Genius」の主な機能として、「数理処理」「プロット処理」「エクスポート機能」について紹介。

Genius(Mathematics Tool)は、GMPライブラリを使用して、「有理数」「任意精度整数」「複数精度浮動小数点数」に対応する各種数学計算を実行できます。

数理処理

・四則演算処理
・数値方程式処理---多項式の根
・複素数処理---デカルト表記
・ベクトル処理
・行列処理
・線形代数処理
・組み合わせ論
・三角関数
・モジュラー算術 など

プロット処理

・2D関数ラインプロット
・パラメトリックプロット
・3D関数表面プロット
・スロープフィールドプロット
・ベクトルフィールドプロット

エクスポート機能

プロット結果について、EPSまたはPNGで出力できます。

Geniusから「LaTeX」「Troff(eqn)」「MathML」に対して行列を出力できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Genius最新TOPICS

最新情報はありません。

Genius最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ワークフローってどうやって使うの?初心者がつまずきやすいポイントとすぐに慣れるためのコツをご紹介 〜Microsoft Teams、LINE WORKSから承認依頼の通知を受け取る方法も解説〜

ひとり情シス(兼任情シス)の実態と、Google提唱の「SRE」による問題解決

【ユーザー企業無料】エンジニアじゃない一般社会人のためのIT知識研修(コンピューターの基礎の基礎)

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter