「GIMP」の主な機能

■関連する比較ページ

「GIMP」の主な機能

GIMPは非常に多くの高度な機能を備えており、コンピュータ上で行うほぼすべての画像編集が可能です。

■ペインティング機能

・塗装ツール一式---ブラシ(カスタムブラシ)/鉛筆/絵筆/エアブラシ/クローン/スタンプ
・高品質アンチエイリアス用サブピクセルサンプリング
・グラデーションエディタ
・ブレンドツール
・透過効果を司るアルファチャンネル など

■画像編集機能

・トリミングツール---矩形/楕円形/任意
・フォアグラウンド抽出ツール
・変換ツール---回転/拡大/縮小/剪断変形/反転
・画風エフェクト---写真を鉛筆画に変換
・明度/コントラスト調整
・ベジェとポリゴン選択を行う高度なパスツール など

■アニメーション機能

GIMPでGIFアニメーションを作成できます。

■カラー管理機能

「RGB」と「CMYK」

カラー管理方法は「RGB(光の三原色)」と「CMYK(色の三原色+黒)」に大別されます。

「RGB」は、光の三原色である、R(レッド)+G(グリーン)+B(ブルー)でカラーを表現するもので、PCモニター表示などで利用されます。

「CMYK」は、C(シアン)+M(マゼンタ)+Y(イエロー)+K(キープレート:黒)でカラーを表現するもので、プリンター印刷などで利用されます。

GIMPはプラグインで「CMYK」に対応

GIMPは、データをRGBで管理し、CMYKをサポートしていません。そのため、そのままCMYK形式のプリンターでプリントアウトすると色合いが異なる場合があります。

GIMPは、デジタルメディアや印刷メディアの色再現性を高めるために、カラー管理機能を提供しています。
・カラープロファイルの割り当て(埋め込み)
・ソフトプルーフ機能---CMYK出力時の色味をシミュレート など

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GIMP最新TOPICS

最新情報はありません。

GIMP最新CLOSEUPコラム

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter