「Firefox」の主な機能

■関連する比較ページ

「Firefox」の主な機能

■プライベートブラウジング機能

Firefoxのプライベートブラウジングモードを利用すると、「Cookie」「ページ履歴」「入力履歴」などに痕跡を残さない閲覧が可能で、トラッキング防止機能も備えています。

■高速タブブラウズ機能

ブラウザウィンドウ上で複数タブを開けることで、複数ページの閲覧や操作性を向上しています。

「Quantum Flow」技術により、15秒で1600以上のタブ起動を可能にしています。

■スクリーンショット機能

標準機能としてスクリーンショット機能が搭載されています。

「ページ全体」「表示範囲」「選択範囲」のスクリーンショットを保存できます。

■タブ共有機能「Send Tabs」

「Send Tabs」機能により、「ブックマーク」「タブ」「パスワード」などについて端末間での同期が可能です。

デスクトップ/モバイル/タブレット間で即座に共有できます。

■ブラウジングライブラリ機能

ブラウジングライブラリ機能とは、「保存したページ」「同期タブ」「ブックマーク」「閲覧履歴」「スクリーンショット」「ダウンロード」「最近のハイライト」など、さまざまなコンテンツを1か所で見つけ出せる機能です。

■リーダービュー機能

リーダービュー機能とは、表示中のWebページから動画/広告/背景画像などを非表示にして、記事本文だけを表示できる機能です。

■セッションマネージャ機能

セッションマネージャ機能とは、Firefox終了時の状態を保存しておき、次回起動時にその状態を復元する機能です。

「開いているウィンドウ」「タブ」「タブごとの履歴」などがそのまま復元されます。

■自動アップデート機能

「セキュリティアップデート」や「新バージョン」を簡単に適用できます。

定期的にバージョン確認を実行し、新バージョンが利用可能な場合、自動的に差分ファイルをダウンロードし、インストール準備完了について通知されます。

「拡張機能」「テーマ」「言語パック」などカテゴリごとに表示され、その中からユーザーが選択したもののみを手動で更新することもできます。

更新作業まで自動的に行わせるように設定することも可能です。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Firefox最新TOPICS

【OSSツール紹介】2022年の最も安全なオープンソースブラウザ2選---「最速Brave」+「伝統Firefox」(2022年02月07日 11:30)

最も安全なオープンソースブラウザとは? 以下の条件に該当する安全なブラウザとして、「Brave」と「Firefox」が挙げられている。 ・オープンソース ・組み込みスクリプトブロッカー機能 ・侵入型広告ブロック機能 ・Cookie自動ブロック機能 ・HTTPS自動アップグレード機能...

Firefox最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ワークフローってどうやって使うの?初心者がつまずきやすいポイントとすぐに慣れるためのコツをご紹介 〜Microsoft Teams、LINE WORKSから承認依頼の通知を受け取る方法も解説〜

人材不足を克服しビジネスを拡大させた、住宅メーカーの事例 ~ベトナム人材の活用(オフショア開発/採用支援/現地法人設立)~

運用確認用テストセミナー

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter