「Embulk」のプラグイン開発として、「ステップ1:新しいプロジェクトを作成」「ステップ2:プロジェクト構築」「ステップ3:初期動作確認」「ステップ4:コード変更」「オプション:リリース」について紹介。

「Embulk」のプラグイン開発

「Embulk」のプラグイン開発として、「ステップ1:新しいプロジェクトを作成」「ステップ2:プロジェクト構築」「ステップ3:初期動作確認」「ステップ4:コード変更」「オプション:リリース」について紹介。

Embulkで利用するプラグインを段階的に開発できます。

→dev.embulk.org →customization

ステップ1:新しいプロジェクトを作成

Embulkには、新しいプロジェクトを生成するための多数のテンプレートが用意されているため、すぐに開発をスタートできます。

「Javaレコード」「Javaファイル」「Rubyレコード」「Rubyファイル」用の各種テンプレートが提供されています。

ステップ2:プロジェクト構築

プラグインがJavaベースの場合は、プロジェクトをビルドする必要があります。

ステップ3:初期動作確認

プラグインが動作することを確認します。

ステップ4:コード変更

必要に応じてコードを変更します。

GitHubに登録されている多くのコードをサンプルとして参照できます。

オプション:リリース

作成したプラグインを公開してリリースできます。

■①RubyGems.orgにアカウントを作成

Embulkは「RubyGems.org」をパッケージ配布サービスとして使用しているため、こちらのサイトでアカウントを作成することでリリースできるようになります。

→rubygems.org

■②説明情報を記述してリリース

リリースするために必要となる情報を記述してリリースします。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Embulk最新TOPICS

最新情報はありません。

Embulk最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

お客様が使い続けている状況で、FAXを廃止できるのか? ~テレワークにも対応できる、ペーパーレスFAXの提案~

AI Opsで、AWS運用を自動化する ~1,000ノード以上の監視設定を自動化、障害原因の判断もAIが行う、ワイヤ・アンド・ワイヤレスとDynatraceの取り組み~

溢れかえる社内データを整理する工夫 ~ファイルの整理から運用まで~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter