「Eclipse」の日本語対応

■関連する比較ページ

「Eclipse」の日本語対応

■グローバリゼーション「Eclipse Babelプロジェクト」

Eclipseはグローバルコミュニティで開発されており、多くのロケールで利用できるようにする仕組みとして、グローバリゼーションツール群「Babel」が用意されています。

「Babel」ツール群は、選択したEclipseプロジェクトを複数の異なる言語(日本語/フランス語/ドイツ語など)に翻訳します。Eclipseの成果物を適合させるために必要なツールとアクティビティが含まれており、複数のロケールで適切に実行されます。

「Babel」ツール群には、「有効性テスト機能」「翻訳能力テスト機能」「翻訳テスト機能」などのグローバリゼーション機能を向上するための仕組みも含まれています。

→Eclipse →Eclipse Babel Project

■日本語化Eclipseパッケージ「Pleiades All in One」

日本語対応という面では、日本語化Eclipseパッケージ「Pleiades All in One」を利用できます。

→MergeDoc Project

翻訳エージェント「Pleiades(プレアデス)」

「Pleiades(プレアデス)」とは、静的および動的な側面を持つ完全な翻訳支援ツールセットで、厳密にはEclipseプラグインではなく、Javaで作成されたエージェントです。

アプリケーション全般のメニューなどの表示要素を実行時に動的に翻訳する汎用的な機能を提供します。

Java従来の静的国際化リソース方式と比較して以下のような特徴があります。
・ソースに英語文字列がベタ書きされているプラグインにも対応
・更新サイト/プラグイン一覧のプラグイン名を取得時に日本語化
・未知のプラグインでも実行時に動的解決 など

Eclipse日本語化オールインワンパッケージ「Pleiades All in One」

「Pleiades All in One」は、翻訳エージェント「Pleiades」と、「プログラミング言語別プラグイン」をまとめたパッケージです。

「Full Edition」でインストールすると、「JDKインストール不要」「環境変数設定不要」で、「Eclipse各種設定自動化」も行われるため、起動すると、すぐに日本語化されたEclipse環境を利用できます。

Windows/Mac向けにリリースされています。Linuxの場合は、「Pleiades(プレアデス)」の個別導入で同様な機能を利用できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Eclipse最新TOPICS

【OSS】Windows上で動作するAndroidアプリ用オープンソース開発ツール8選---「Android Debug Bridge」「Android Lint」(2018年12月26日 10:57)

Windowsプラットフォーム上で動作するAndroidアプリ用オープンソース開発ツールを紹介。 ①ソースコード管理ツール「GitHub」 GitHubはGitを使用するホスティングバージョン管理サービス。

Eclipse最新CLOSEUPコラム

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter