「Eclipse」の主な特徴

■関連する比較ページ

「Eclipse」の主な特徴

■Java開発におけるデファクトスタンダード

Eclipseには、非常に高機能なJava開発環境が搭載されていたため、リリースされるとすぐに、Java開発のデファクトスタンダードの地位を確立しました。

EclipseにはJava開発環境が標準プラグインとして含まれているため、セットアップするとすぐにJavaIDEとして使用開始できます。

Eclipseに付属するJava開発環境「JDT」は高機能であり、「バージョン管理」「リファクリング機能」「デバッグ機能」などの開発サポート機能が揃っていて、高い精度で動作します。

特に企業での開発においてEclipseがよく使われています。

■軽快動作

Eclipseは、他のJavaで実装されたIDEと比べて軽快に動作します。

この軽快さは、GUIツールキットとしてJava標準の「Swing」「AWT(Abstract Window Toolkit)を使用せずに、Eclipse独自のGUIツールキット「SWT(Standard Widget Toolkit)」を採用することで得られています。

■さまざまなプログラミング言語に対応

EclipseはJava統合開発環境として有名ですが、「言語サポート」などのプラグイン機能をデフォルトパッケージに組み合わせることで多様な言語への対応が可能となり、さまざまな言語に対応するIDEとして利用できます。

主なサポート言語

・Java
・AspectJ
・C言語
・C#
・C++
・COBOL
・D言語
・JavaScript
・Mathematica
・Perl
・PHP
・Python
・Ruby
・TeX など

■ドキュメント

充実したドキュメンテーションが用意されています。
・Eclipse IDE入門ガイド
・Java開発入門
・新機能と注目点
・Eclipse IDEのキーバインド など

■コミュニティサポート

Eclipseは、開発コミュニティとエコシステムが充実しています。
・プロジェクトフォーラム
・「Eclipse Bugzilla」でのバグレポートと機能リクエスト
・「トレーニング」「コンサルティング」を提供する企業
・有料サポートオプション など

■クラウドIDE

EclipseクラウドIDEも用意されています。

Eclipseのインストールを行う必要はなく、すぐにブラウザ上で最新の開発環境を利用できます。

主なEclipseクラウドIDE

→Orion

→Eclipse Che

→Eclipse Dirigible

Eclipse最新TOPICS

【OSS】Windows上で動作するAndroidアプリ用オープンソース開発ツール8選---「Android Debug Bridge」「Android Lint」(2018年12月26日 10:57)

Windowsプラットフォーム上で動作するAndroidアプリ用オープンソース開発ツールを紹介。 ①ソースコード管理ツール「GitHub」 GitHubはGitを使用するホスティングバージョン管理サービス。

Eclipse最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter